Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

下北沢につくね専門店 つくねの味60通り、昭和レトロな空間で「めんこ遊び」も

配信

みんなの経済新聞ネットワーク

 居酒屋「つくね専門店 つくね屋ロック」(世田谷区北沢2、TEL 03-6796-2108)が6月20日、下北沢にオープンした。(下北沢経済新聞) 【写真】「つくね専門店 つくね屋ロック」内観  下北沢の焼き鳥店「三日月ロック」の姉妹店となる同店。店主の石窪慎悟さんは「以前、下北沢でつくね専門店『十夢想屋(とむそうや)』を経営していた。好評だったので新たに炭火焼きに変え、つくねの肉とその他の配合を改良して出店した」と話す。  国産鶏肉で仕込んだつくねは「ジューシー」「コリコリ」「鳥バーグ」の3種類をベースに20種類のトッピングを用意する。野菜の創作つくねなども用意し、「中でも一押しのジューシーつくねは、鶏の脂やうま味が凝縮されている。備長炭で生からじっくりと焼き上げるので、ふっくらとジューシーな食感に仕上がる」と石窪さん。  店内は1970年~80年代の「昭和レトロポップ」な空間を演出する。めんこ遊びでひっくり返すことができると初回のドリンクがメガサイズになるなどのサービスも行う。  メニューは、つくね各種(1皿2本400円)、「本日のつくね9種盛り合わせ」(1,800円)、「本日のつくね6種盛り合わせ」(1,200円)、「痛風注意宝石煮卵」(800円)、「鶏タルタルミルフィーユ風」 (700円)、「大根とセロリの浅漬け」(400円)など。  石窪さんは「つくねの味はお客さまから好評をいただいている。まず初めは『ジューシー塩つくね』からお召し上がりいただければ」と話す。  営業時間は17時~24時。

みんなの経済新聞ネットワーク

【関連記事】