Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

石木ダム、住民の敗訴確定 最高裁、上告退ける

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
共同通信

 長崎県川棚町に県と佐世保市が計画する石木ダム建設を巡り、反対する住民らが国の事業認定取り消しを求めた訴訟で、最高裁第1小法廷(小池裕裁判長)は住民側の上告を退ける決定をした。8日付。住民側敗訴とした一、二審判決が確定した。  石木ダムは佐世保市の水不足解消や、川棚町の治水を目的に計画。国は2013年に事業認定し、反対住民らが15年に提訴した。一審長崎地裁は18年7月に請求を棄却し、二審福岡高裁も支持した。  一、二審はいずれも利水・治水面でダムの必要性を認め、福岡高裁は「建設によって得られる公共の利益は損失より大きい」と結論付けていた。

【関連記事】