Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

松田聖子 「郷ひろみ別離会見」直後に見せた強靭な精神力

配信

NEWS ポストセブン

 この4月でデビュー40周年を迎えた松田聖子(58)。若い年代には、松田聖子=歌手というイメージしかないかもしれないが、彼女は女優としても素晴らしい仕事をしてきている。今春、『1980年の松田聖子』(徳間書店)を上梓した芸能ノンフィクションライター・石田伸也氏が、“女優聖子”の姿に迫る。 【写真】聖子と明菜、懐かしのツーショット

 * * *  圧倒的に「歌手」として時間を費やしてきた聖子だが、「女優」としてドラマ・映画に出演したことも少なくない。例えば、聖子の主演第2作『プルメリアの伝説 天国のキッス』(1983年、東宝)は聖子のためのオリジナル作品だった。ハワイ在住の女子大生を演じ、ホテル王の御曹司(山下真司)と日本のサーファーの青年(中井貴一)との三角関係が物語の核となる。

 指名された河崎義祐監督は、この時点ですでに「アイドル映画の巨匠」として名を馳せていた。山口百恵や桜田淳子、近藤真彦の主演作も撮っていた。

「聖子さんはシナリオに対して『ここはこうしてほしい』と言うことは一度もなかった。ツカミと言うのか、感覚でパッと芝居をする感じだ。逆に百恵さんは、ゴネることはなかったが、少しでも腑に落ちない点があると芝居ができない。非常に真面目に、理詰めで考える女優ではあったね」

 この作品が同年の東宝作品で1位の興行成績となったため、聖子の「恋愛ファンタジー」は回を重ねる。4作目となる『カリブ・愛のシンフォニー』(1985年、東宝)の監督は、東映の「トラック野郎」シリーズなどで知られる鈴木則文だ。サンミュージックからの条件はただひとつ、「聖子を大人にしてほしい」だった。そのため相手役には、聖子より12歳上の神田正輝が選ばれた。そして一行はメキシコロケへ、84年11月8日に旅立つ。

「僕は彼女のいい面をパッと切り取ればいいと思ったんだよ。だから神田君にも『ヒマがあったらセリフの読み合わせをしてあげて』って頼んどいた」

 ふたりは撮影が終われば散歩や食事をともにする機会が増えていく。年が明けた85年1月23日、場所は東宝の砧スタジオ。引き続き撮影が行なわれるはずのスタジオは、物々しい気配に包まれていた。撮影に先立ち、聖子が郷ひろみとの別離会見を開いたからである。

【関連記事】