Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

有名アーティストのミュージックビデオを制作していた東京No.1エンターテインメント、破産

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
帝国データバンク

 (株)東京No.1エンターテインメント(TDB企業コード:989624725、資本金400万円、東京都港区西麻布1-9-17、登記面=東京都江東区千田20-14、代表福和敏氏)は、7月29日に東京地裁より破産手続き開始決定を受けた。  破産管財人は石川剛弁護士(東京都港区虎ノ門2-10-1、桜田通り総合法律事務所、電話03-5797-7257)。債権届け出期間は8月26日まで。  当社は2007年(平成19年)4月に設立。大手レコード会社のアーティストを対象としたミュージックビデオの映像制作を中心に、イベント・企業紹介などの映像制作、またインドネシアやマレーシアなど東南アジア各国の海外番組制作やイベントの運営も手がけていた。  主力のミュージックビデオでは、DA PUMP、CHEMISTRY、ナオト・インティライミ、BiSHなど、多くの有名アーティストのミュージックビデオ制作を手がけ、2017年6月期には年収入高約8億8000万円を計上していた。  しかし、同業他社との競合が激しく、ミュージックビデオの制作において低収益を余儀なくされていたことに加え、複数の取引先に対し、支払い遅延が発生するなど厳しい運営を強いられていた。  負債は現在調査中。