Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

宮沢章夫「なぜ、オチのあるコントが面白くないのか」導き出したお笑いの気づき

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
TOKYO FM+

禁酒法の時代に、こっそりひそかに経営していたBAR『SPEAKEASY』。2020年の東京の街にも、そんなひそかなバーがありました。月曜から木曜の深夜1時にOPENする“ラジオのなかのBAR”『TOKYO SPEAKEASY』。各界の大物ゲストが訪れ、ここでしか話せないトークを展開するとか、しないとか……。 5月5日(火・祝)のお客様は、お笑い芸人のマキタスポーツさんと劇作家の宮沢章夫さんです。

◆“お笑い”の本質

宮沢:シティボーイズと僕が、何年か前に舞台を久しぶりにやったんですね。それで、やっぱりお客さんがすごく笑うんで、ちょっと僕も驚いたんですよ。“みんな、笑いたくて来てるんだな”と。だから、「あー、こういうことでもウケちゃうんだ」とかっていうのもありましたけどね。 マキタ:お笑いは、本質的にそういう問題がずっとありますよね。“笑いに来てる”っていうことが。 宮沢:うーん、ありますね。 マキタ:“笑いには抑圧が必要”みたいな話もありますよね。 宮沢:ありますね。飢えていなければ、お笑いとして享受しようとは思わない、ってことはあるでしょうね。幸福なことは、もちろん良いわけですよね。僕たちの生活が幸福であるということは、もちろん良いんだけど、そういうとき、そうじゃないときに、いかに私たちに何か“喜び”をもたらすかっていうのに、“笑い”は1つの役割かなと思いますけどね。それと、不幸な時代の観客は笑いに厳しいですよ。少々のことでは笑わないから、芸人さんを鍛えるでしょう。

◆“毒”のある笑い

マキタ:いま、新型コロナで緊張状態っていうか。でも、お笑い的には、そういうのも1つのチャンスかもしれないですね。だけど、それ自体がちょっとためらわれる世の中なのはちょっと苦しいですけど。 宮沢:僕はね、80年代のタモリさんやたけしさんについて“毒のある笑いだな”って当時は言っていたんですよ。でも、いまじゃなかなか“毒”っていうものが許されない時代じゃないですか。 マキタ:そうですね。 宮沢:ある芸人さんが、風俗の女性のことをラジオで話して問題になる。これは、確かに問題だと思うんです。ただね、そうじゃなくて、“笑いとして面白いか?”っていうと、そんなに面白くないんじゃないか、と。あのことは僕は否定しますけど、ただ、“毒を言ってはいけない何か”ですね。もう1つ別の何か、批評性とか、悪意とまでは言わないけど、何か、笑いにもう1つスパイスが入った……スパイシーな笑い(が欲しい)。 マキタ:スパイシーな(笑)。いま思いついただけじゃないですか? 宮沢:はい。その通りです。何故思いついたかと言うと、昨日、下北沢の曽我部恵一さんがやっているカレー屋さんのカレーをお弁当で買いまして、それがスパイシーカレーだったんです(笑)。 マキタ:そこに置いてあったから、言っちゃっただけじゃないですか。 宮沢:はい、すいません(笑)。

【関連記事】