Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

<中島健人>“新時代のアイドル”として示す存在感 カギは“SNS映え”する“ケンティーワード”にあり?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
MANTANWEB

  知性と美貌を兼ね備えた、スタイリッシュさが持ち味の人気グループ「Sexy Zone」。中でもひときわ目を引くのが、最年長メンバーの中島健人さん。中島さんといえば、無類の王子様キャラであり、老若男女問わず繰り広げられる“神対応”や、惜しみなく発せられる胸キュンせりふなども印象深い。そんな中島さんを唯一無二の存在に仕立て上げているのが、代名詞「セクシーサンキュー」をはじめとする“ケンティーワード”である。彼の生み出すケンティーワード”から、その魅力を探っていきたい。

◇トレンド入りも度々 “SNS映え”するインパクトの大きさ

 まず、ケンティーワードを語るうえで外せないのが、中島さんの代名詞ともいえる「セクシーサンキュー」だ。バラエティーや歌番組、ライブなど多くの場面で披露している決めぜりふで、ファンをはじめ、お笑い芸人から俳優といった共演者まで、トリッキーだけど何だかクセになる……という感覚にハマる人が続出。2018、2019年に中島さんがレギュラー出演したバラエティー番組「ぐるぐるナインティナイン」(日本テレビ系)の人気コーナー「グルメチキンレース ゴチになります!(ゴチバトル)」では、前の人よりも高いテンションで「セクシーサンキュー」と言っていく「セクシーサンキューゲーム」も作られ、ゴチメンバーの田中圭さんとの白熱したバトルなどが話題を呼んだ。

 そのほかにも、中島さんは独自のワードセンスで続々とケンティーワードを生み出し続けている。ジャニーズ事務所の公式サイト「Johnnys’web」で展開しているブログ「KenTeaTime(KTT)」では、楽曲リリースや番組出演などに合わせてオリジナルのハッシュタグを制作。昨年10月に発売した両A面シングル「麒麟の子/Honey Honey」では、「#麒麟ハニーの番狂わせ」など中島さんが発信した複数の関連ハッシュタグがツイッターでトレンド入り。また、音楽番組「ミュージックステーション(Mステ)」(テレビ朝日系)出演の際には、ラグビーワールドカップで日本代表が歴史的勝利を収めた「ジャイアントキリング」と新曲名をかけた「#ジャイアント麒麟GOOD」や「#MステはSexyだ」というハッシュタグがトレンド入りを果たすなど、度々SNSをにぎわせている。

【関連記事】