Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

オスカー像いつかレインボーカラーになる? アカデミー賞が多様性重視へ大改革

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ニューズウィーク日本版

社会の価値観が多様化するなか、それを映し出すスクリーンとその晴れの場にも多様性が求められている

8月24日、ベルリン国際映画祭が2021年2月の映画祭からこれまでの「主演女優賞」「主演男優賞」など、2つの性別で分けられていた賞を「主演俳優賞」などで統一することを発表した。女優・男優賞以外の賞は性別で分けているわけではなく、さらに世界の流れは、ジェンダーの多様性を認めるという方向に向いている。【ウォリックあずみ】 [映像] アカデミー賞はどう変わる? また、英語圏でも男女差別をなくそうと「アクター」「アクトレス」と分けずに統一して「アクター」にしようという動きもある。こうした流れを考えれば今回のベルリン映画祭の決定も当然と言えるだろう。今後映画界の多様性への動きはこれから活発になりそうだ。 <アカデミー賞、2024年から受賞資格に多様性が必須に> ベルリンに負けじと、9月8日には米国アカデミー賞の選考・授与を行っている映画芸術科学アカデミーも、公式サイトを通じて多様性を重視した受賞資格改正案「ACADEMY ESTABLISHES REPRESENTATION AND INCLUSION STANDARDS FOR OSCARS(R) ELIGIBILITY」を発表した。こちらは4年後の2024年から優秀作品賞に適用されるという。 米国アカデミー賞は、通常ベルリン同様毎年2月に授賞式が行われている。それなのになぜベルリンのように来年からすぐできないのか? それは今回の受賞資格改正が作品内容やキャスト問題だけではなく、制作過程にも大きくかかわっているため、その基準を満たす作品がそろうように4年間の猶予が与えられたようだ。 優秀作品賞ノミネート資格の改正内容は、大きく分けて4つの要素から構成されている。 A,「俳優・劇中の描写・映画のテーマについて」 B,「監督・作家・撮影監督等スタッフについて」 C,「インターンシップなど映画産業へのチャンスが開かれているかについて」 D,「マーケティング・広報について」 これら4つの中から2つ以上の条件を満たしていなければならない。ウェブサイトには各要素ごとに詳しく規定がされているのだが、発表後にまず注目を浴びたのは、映画そのものの内容だけでなく製作過程やスタッフにも多様性が求められるようになった点だ。

【関連記事】