Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

首都圏、北海道への移動は引き続き自粛を求める 静岡県

配信

静岡朝日テレビ

 静岡県は新型コロナの対策本部会議を開き、改めて県内の感染状況や今後の対応について確認しました。  新しい生活様式の定着に向け、県が独自に作成したふじのくに基準。6段階の警戒レベルのうち、現在はレベル3です。川勝知事は県境をまたぐ移動について、25日に緊急事態宣言が解除された首都圏や北海道などについても引き続き、移動の自粛を求めました。  会議では第2波に備えた医療体制の拡充も議論され、現在200ある受け入れ病床数を400に増やし、県内のPCRセンターも拡充することが確認されました。  また、イベントの開催について、来月19日ごろから時期を3段階に分けて要件を緩和していく、としています。