Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

デビュー35周年を迎えるナンセンス下ネタ4コマ漫画の巨匠・岩谷テンホー「僕の漫画は『サザエさん』の世界にお色気を持ち込んだものなんです」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週プレNEWS

東京スポーツ(東スポ)紙で連載中の4コマ作品『みこすり半劇場』でお馴染み漫画家・岩谷テンホー氏が、今年で漫画家デビュー35周年を迎える。 【漫画】テンホー先生の代表的4コマ作品 岩谷氏は高校卒業後、長崎県から上京。バーや喫茶店、印刷会社などでの勤務を経て、85年、麻雀雑誌で漫画家デビュー。その後、『週刊プレイボーイ』『東スポ』などで連載を開始し、ナンセンスな下ネタ4コマ漫画の作風を確立する。以降、数々の雑誌や単行本などで活躍し、なかでも『みこすり半劇場』は、隔週刊誌化されたり、オリジナルDVD化されるなどの高い人気を誇っている。 男性なら誰もが目にしたことがある岩谷氏の作品。しかし、本人が表に出てくることはほとんどない。そこで、岩谷氏にインタビュー。漫画家デビューの経緯から、ナンセンス下ネタ4コマ漫画の作画の秘密までを聞いた! *** ――先生! 漫画家生活35周年、おめでとうございます! 岩谷 え!? あ、そうか。もうそんなになるんですね。ありがとうございます。いやー、あっという間だな。 でも、ここまでやってこれたのは週プレ(週刊プレイボーイ)のおかげ。週プレが僕を育ててくれたんですよね。 ――先生には1986年から2002年まで、週プレで毎週2ページ連載していただきました。 岩谷 デビューして1年かな。駆け出しだった僕に、コシノさんって編集の方が声をかけてくれてね。女房と娘を食わせられなくて苦しんでたから、本当に感謝しましたよ。 ――もともと先生はどんな経緯でマンガ家になったんですか? 岩谷 僕は印刷会社で働いていてね。毎日、現場に届く漫画原稿をよく読んでたんだけど、これなら俺でもやれるんじゃないかと思ったんです。 というのも当時、4コマ漫画ブームってのがあって、いろんな出版社が4コマ誌を出していたんです。でも雑誌が多かったせいか素人目にもイマイチだと思う作品も多くて。それで投稿を始めました。もう31歳だったけど、カミさんも後押ししてくれたし。 ――もともと漫画を描くのが得意だったんですか? 岩谷 全然。絵は中学校で褒められるレベル(笑)。でも自分は、昔から人を笑わせるのが得意でね。水商売をやってた時期もあって、人を楽しませるのも好きだった。だから変な自信があったんです。もちろんすぐ、そんなに甘い世界ではないってわかるんだけど。

【関連記事】