Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【1日2分、自宅で簡単筋トレ】ぽっこりお腹を最速で凹ませる方法

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ウィメンズヘルス

頑張ってもなかなか改善されないぽっこりお腹、その原因は脂肪だけではなかった! NSCA公認パーソナルトレーナーの渡部広介さんがすすめするのは、私たちのイメージとはある意味真逆のトレーニング。でもこれが本当に効くんです! いち早く始めて、誰よりも早くぽっこりお腹を解消しよう! 【動画】くびれが欲しい人必見! 「脇腹肉」の落とし方

【目次】おなかを凹ますには??

1.食べてなくても下腹ぽっこり、その原因は? 2.お腹は唯一、部分痩せが可能って知ってた? 3.「ブリッジ」ならお腹とお尻の両面に効く! 4.「肩甲骨開閉」で胸が開いた状態を作る 5.内臓下垂を防ぐなら「プランク」がベスト 6.「ラケットスポーツ」で楽しみながらお腹トレ 7.背面トレ&腹圧上げで、自慢したくなるぺたんこお腹に!

食べてなくても下腹ぽっこり、の原因は?

下腹が出てしまう原因は主に2つ。 「20~30代の若い女性に多いのは内臓の下垂です。誰でも食事を取れば内臓そのものが重くなるので下にさがり、お腹が出るものです。しかし、多くの女性はこれが普段から起こってしまっているんですね。ではなぜ下垂するのかというと、実はこれもお尻と同様、“背面の筋力の低下”が原因なんです。 試しに一度、胸をグッと開いてみてください。もし可能であれば、立った状態で膝を伸ばし、お尻もキュッと締めてみましょう。すると自然に内臓の位置が上がり、お腹もスッとへこむはずです」

お腹は唯一、部分痩せが可能って知ってた?

「もう一つ、30代後半以降の世代に多いのが内臓脂肪の蓄積です。内臓脂肪はつねに身体の中を巡っている遊離脂肪(いわゆる皮下脂肪)と違い、内臓周辺にとどまって各臓器を守る役割をしています。 誰でも歳を取るにつれ運動量が減っていくものですが、そのわりに食べる量は変わらない。余剰カロリーは糖分として体内に溜まっていき、それを餌にして脂肪細胞が増殖、結果としてお腹まわりの肉が増えるというわけなんです。 よく“内臓脂肪は痩せやすい”などと言われますが、これは”内臓脂肪は一箇所にとどまっているために、減ったことが分かりやすい”というのが正解ですね。つまりお腹は全身の中で唯一、部分痩せが可能な部位と言えるんです」

【関連記事】