Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

YouTube ライブを拡大する、英国のニュース企業たち

配信

DIGIDAY[日本版]

コンテンツ制作が縮小するなか、ニュースパブリッシャーがその穴を埋めようと、YouTubeをはじめとするソーシャルプラットフォームで、こぞってライブ配信に乗り出している。 その結果、スカイニュース(Sky News)、サン(The Sun)、ガーディアン(The Guardian)、ユーロニュース(Euronews)、テレグラフ(The Telegraph)といったパブリッシャーでは、ライブストリーミングの視聴時間が増加している。なかでも、テレビ局のスカイニュースは、直近の4週間の視聴時間が11億分と、ほかのニュース関連や政治関連のクリエイターやメディアを大きく上回った。その理由は、スカイニュースが2019年11月から、自社のチャンネルの24時間ライブ放送をYouTubeで行っているからだ。 英国のタブロイド紙、サンで動画担当ディレクターを務めるフィル・ハン氏は、次のように述べている。「我々は多数のライブ番組を毎日配信しているだけでなく、新型コロナウイルスに関する長めのオリジナル広報番組をいくつか手がけている」。

「すべてのチャンネルで力強い成長」

YouTubeでは、3月12日からの4週間で、ライブストリーミング動画の視聴時間が直前の4週間から189%も増加した。分析会社のチューブラー・ラボ(Tubular Labs)によれば、ピーク時には1週間の視聴時間が1億8000万分に達したという。 ほかのニュースパブリッシャーも、3月に入ってライブストリーミングを増やしている。ただし、英国議会で毎週行われるプライムミニスターズクエスチョンズの中継など、散発的に配信されるケースが多い。たとえば、ユーロニュースは2019年9月から、通常のライブストリーミングに加えて、記者会見、政治イベント、政治演説、ライブインタビューなどをストリーミング配信しながら、コミュニティを管理している。 「YouTubeにある当社のすべてのチャンネルで力強い成長が見られた」と、ユーロニュースでデジタル製品担当責任者を務めるユーヴァ・ブジディ氏はいう。「当社のチャンネルのほとんどで登録者が50万人に達したほか、最近ではふたつのチャンネルで100万人を突破した」。 ニュースパブリッシャーにとって、ライブストリーミングは目玉コンテンツというだけでなく、いまのように番組の内容が制限され、人々がニュースを貪欲に欲している(やや落ち着いてきたようだが)なかでも配信できる、数少ないコンテンツのひとつでもある。

【関連記事】