Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

メルカリやフリマで売れる! 雑誌編集者が伝授する商品写真をきれいに撮影するコツ。

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
FUNQ

最近のスマホのカメラの実力は、目を見張るものがある。昔だったら、プロカメラマンが、複雑なライティングを駆使しなければカッコよく撮れなかった写真が、誰でも気軽に撮れるようになった。そこでここでは、お手持ちのスマホで、愛用の品々を家の中でカッコよく撮影するテクニックを伝授する。 でも難しく考える必要はない。特別な道具は一切必要なし。ちょっとしたコツひとつで、あなたの写真は格段に良くなるはずだ。講師は、元カメラマンという経歴を持つ雑誌「Lightning」編集部モヒカン小川。写真がカッコよければ、SNSのいいね数もアップするし、オークションサイトでも、落札価格がぐんと上がるにちがいない。さぁ、お気に入りのアイテムを激写しようぜ!

【デニム編】

デニムに限らず、家の中で物撮りをするなら、電気の下ではなく、窓から入る自然光を使うのが、上手に撮るコツだ。デニム写真は、ともすると“のっぺり” した写真になってしまいがち。必要なのは「立体感」だ。これがあると、ヒゲやアタリが浮き出た写真になるぞ。 POINT ・自然光で撮るべし。 ・ “アンコ”を詰めると立体的に。

<これでもいいけれど、この程度で満足しちゃダメです!> 自然光でフツーに撮ったデニム写真。これはこれで悪くはないが、何か物足りない感じがする。そんな時に必要なのが「アンコ」だ。

<アンコを詰めて立体感を演出する!> アンコとは、中に詰めて立体感を出す詰め物のこと。アンコは何を使ってもいいが、どこの家庭にもあるバスタオルを詰めてみた。どう? まるで人が穿いてるみたいでしょ?足の動きは、裏にガムテープを張って作った。

こんな感じで中にタオルをつめた。

粘着力を肌にくっつけて落としたあと、輪っかにして固定用に利用。

<これは絶対やっちゃダメ!> デニム写真で、最も犯しやすいミスは、フレームに足が入ってしまうこと。これはいただけない。椅子に昇ったりして工夫すべし。これだけで購買意欲を削いでしまう可能性もあるので気をつけよう!

【関連記事】

最終更新:
FUNQ