Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

バイきんぐ小峠&西村「相性が悪い」からやってこれた24年

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SmartFLASH

 一度も離れることなく24年。なのに、コンビ仲は? と聞かれても「普通です」と口を揃える、バイきんぐの2人。“戦友コンビ” が保ってきた「いい距離感」とはーー。 【写真あり】西村は、自由にキャンプをするために、自分で山をひとつ買ったほど  コロナ禍でも、“リモート枠” でテレビ番組に引っ張りだこだった小峠英二(43)。そして、特異な行動から “奇人” と形容される西村瑞樹(43)。2人のコンビ「バイきんぐ」は、結成25年めを迎えた。じつはこの2人、芸人になってから、一度も相方を変えたことがないのだ。 小峠「人生の半分以上一緒にいると思うと、気持ち悪い(笑)」 西村「最初に会ったのは免許合宿。当時の小峠は、オレンジ色のモヒカン頭で、ジーパンにサスペンダー……ゴリゴリのパンクファッションでした。『なんだコイツは!』と思って(笑)。  でも、そのときは話もしなくて、初めて話したのはその後、お笑い養成所の面接で、偶然にも再会したとき」 小峠「俺も、なぜか西村が印象に残っていたんですよ。結成は、運命的かな。ただ、当時から『何事も一緒に』みたいな距離感ではなかったですね」 西村「たしかにね。でも超若手時代には、小峠のバイクに乗せてもらって、大阪城公園で2人でキャッチボールした、とかはありましたけど」 小峠「なんだよ、その恥ずかしい思い出は(笑)」  コンビを一躍有名にしたのは、2012年の「キングオブコント」優勝。「なんて日だ!」という小峠のツッコミに、日本中が笑った。 西村「人生、変わりましたよね。当時は、賞レースで優勝することだけを考えていました」 小峠「それまでは、ライブすらまともになくて。もう “地下の地下” にいましたよ(笑)。だからこそ、せっかくいただいたチャンスを無駄にしないように気張ってきたというか。  だけど、『冠番組を持ちたい』とかの “芸人らしい” 欲は、今もないんですよね」 西村「僕はあるけど」 小峠「どんな番組よ?」 西村「それは、特に考えてない」 小峠「何も考えてないやつが、冠番組なんてムリだろ(笑)」 西村「優勝して半年くらいは、コンビで番組に出てましたけど、だんだん小峠ばかりになって(笑)。いまでは視聴者として、『小峠おもしろいわ~』って楽しんでいます」 小峠「西村もなんやかんやで番組呼ばれたり、『西村キャンプ場』(テレビ新広島)って、好きなキャンプの番組もやってる。ただ言っておきたいのが、『西村はキャンプ芸人』ていう評価が腑に落ちてないこと。キャンプ始めて何年?」 西村「5年」 小峠「『にわか』でしょ。10年ならまだしも、たかだか5年っすよ。キャンプ芸人を名乗るのは、いかがなものかと」 西村「キャンプ愛の強さには自信があるから、いいでしょうが。それよりこのあいだ、テレビで小峠が『コンビでの街ブラロケはNG』って言っていたの見たんだけど……」 小峠「ああ、NG。相性が悪い! まぁひどいもので、コイツはボケないし、俺がボケてもツッコまないし。ただハゲたおっさん2人が、街を徘徊しているだけになってしまう」 西村「一応ツッコんでるけど」 小峠「居酒屋で飲んでるレベル。プロレベルではない(笑)」 西村「ハードルが高い!」  この「相性の悪さ」が、意外にも2人が長く続けられた秘訣かもしれない。 西村「結果が出ないころ、解散の話が出たことはあるんです。それは、どちらからも。  でも、片方がその話をしたとき、毎回もう片方が『まだいける』と思っていて。モチベーションのリズムが正反対なんです。この波長が合っていたら『もう解散しよう』となっていたかもしれない。真逆だったから、解散にならなかった」 小峠「それ、俺がどっかで言った話じゃねえか! でもそれがいちばん大きい。ライブでいつもスベっていたから。一方で、『芸人仲間では、俺たちをおもしろいと思っているやつもいる』とも少し感じていて。それも、続けられた理由かもしれない」

【関連記事】