Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

66匹の犬を虐待した容疑者、近隣の苦情から8年逃れた「卑劣すぎる言い訳」

配信

週刊女性PRIME

「あの家の前を通ると吐き気がするんですよ。糞尿と獣のニオイがひどくて夏でも窓を開けられないし、風向きなどでニオイが遠くまで届くことも。いちばんの被害者はずっと部屋に閉じ込められていたワンちゃんでしょうけど」 【写真】階段には居場所のない犬たちが並ぶ、とても家の中とは思えず…  と近所の主婦は同情する。  排泄物や残飯などが積もった空き家で犬を飼育する虐待を行ったとして、兵庫県警生活経済課と三木署は6月24日、住所不定の会社員・田中大作容疑者を動物愛護法違反の疑いで逮捕し、同26日に神戸地検に送検した。

糞尿が50センチたまった“悪臭ハウス”の地獄

 容疑者は、「犬に最適な環境とは思わないが、エサや水はあげており、虐待したつもりはない」と否認している。  同県三木市にある当該の空き家からは犬が66匹も出てきて、「そんなにおったんか!」と周辺住民を驚かせた。  近所の男性が打ち明ける。 「田中容疑者はこの家には住んでおらず、2、3日に1度エサと水をあげに軽自動車で通っていた。近隣住民が悪臭などの苦情を訴えると、“10匹しか飼っていない”とウソをついていた。素直に話は聞くが、行動はともなわないタイプ。掃除も犬の散歩もしようとせえへんかった」  エサやりといっても、安価なドッグフードの大袋(内容量8キロ)の口をちぎって室内に置き、大きなタライに水を張るだけ。住所不定の男がこの家のカギを持っていたわけは後述するとして、まずは室内の劣悪な状況を─。  前出の主婦が語る。 「床は犬の糞尿や体毛がひざの高さ(約50センチ)まで積もっていたみたいです。電気を止められている暗闇の中、防護服や長ぐつ、マスクなどを装着した警察官や行政の職員らが室内に踏み込んでウンチまみれの犬を救出し、1匹ずつ写真を撮影して体重計に乗せていました」  警察官の長ぐつは糞尿にまみれ、あまりの悪臭にハアハアと肩で息をする姿も。  保護された犬のほうも、太陽の光がまぶしすぎるのか足元がおぼつかない子がおり、「この子は目が見えとんのかなあ」と警察官らを心配させていたという。警戒心の強い犬が多く、66匹の救出作業は数日がかりとなった。

【関連記事】