Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「灼熱通勤」の思い出 都会でも日常だった冷房のない電車 懐かしいけど戻りたくない…

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
乗りものニュース

渋谷ハチ公前にいた青ガエル 現役時代は非冷房車

 2020年8月3日(月)、東京の渋谷駅ハチ公前広場から「青ガエル」こと東急旧5000系電車の5001号車(デハ5001)が搬出され、8月6日(木)に秋田県大館市の観光交流施設「秋田犬の里」に設置されました。旧5000系は丸みを帯びた車体とタレ目に見える先頭車の顔つきで、愛嬌のある姿をしています。渋谷駅では観光案内所や待ち合わせ場所として、鉄道ファンだけではなく、多くの人々に親しまれました。 【画像】冷房の代わりに…  しかし筆者(杉山淳一:鉄道ライター)にとって現役時代の旧5000系は嫌いな車両でした。なぜなら「暑かったから」。旧5000系は冷房を搭載していませんでした。  旧5000系が大井町線(当時は田園都市線)の主力車種だった1980年代、筆者は高校通学で乗っていました。梅雨どきや夏休み前、プラットホームで列車を待っていて緑色の電車がやってくると「ハズレた! 銀色の8000系電車や8500系電車なら冷房付きで涼しいのに……」と思ったものです。鉄道ファンとして旧5000系の功績は知っています。しかし暑がりな利用者としてこの電車は苦手でした。大井町線の利用者の多くが同じ気持ちだったと思います。  東急電鉄の冷房車は1971(昭和46)年から。8000系の一部に冷房装置が搭載されはじめました。しかし冷房車両の運行本数は少なかったと記憶しています。2本くらい待っても冷房車が来なくて、しかたなく3本目に乗って遅刻ギリギリ、という思い出もあります。

詰襟に汗がたまる… 車内で涼しいのは連結部…

 自由が丘駅(東京都目黒区)で東横線に乗り換えても、冷房車に当たれば幸運という時代でした。しかし渋谷駅で地下鉄銀座線に乗り換えると、こちらは全車が非冷房でした。高校の制服は詰襟だったため、開襟シャツが許される時期の前後は襟に汗がたまるほどの暑さでした。  東急で最後に冷房化された路線は世田谷線です。緑色の150形電車はずっと非冷房でした。筆者は新入社員時代の半年間、世田谷線の世田谷駅のそばに住んでいました。蒸し暑く、混み合う車内で汗をダラダラ垂らして通勤しました。電車の連結部の窓から吹き込む風が一番強く、その場所を目指して乗り込みました。三軒茶屋駅(東京都世田谷区)で新玉川線(現・田園都市線)に乗り換えるとホッとしたものです。東急電鉄の電車の冷房化100%達成は2001(平成13)年のことです。  首都圏では1990(平成2)年頃まで非冷房車がたくさん走っていました。国鉄(現・JR東日本)の電車も非冷房車が多かったと記憶しています。ちなみに「通勤地獄」と呼ばれた時代は1960年代後半です。乗車率300%の大混雑は冷房車がない頃でした。夏は灼熱地獄だったと言えそうです。

【関連記事】