Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「お腹に赤ちゃんがいるから勝てるよ」妻の言葉で奮起した秀樹、復活KO勝利でRISEトーナメント参戦をアピール

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ABEMA TIMES

「動き出した以上は止まらない」  伊藤隆代表の言葉通り、立ち技格闘技イベントRISEがハイペースで大会を開催している。 【映像】KO勝利後に涙の妻と抱擁  7月の無観客試合で再スタートを切ると、後楽園ホールでの有観客興行も。さらに8月23日、9月4日と後楽園大会が続き、10月は横浜、11月は大阪でのビッグマッチが待っている。  8.23後楽園のメインイベントで組まれたのは、秀樹vs麻原将平。秀樹にとっては今年1月以来の試合であり、原口健飛にKOされた屈辱からの復活をかけた一戦だった。 「ここで負けたら相手にされなくなる。ただのランカーになってしまう」  そんな危機感を持って臨んだ試合だが、同時にメインイベントであることも強く意識していたという。 「勝つためではなくKOするために闘う」  序盤の秀樹は、やはり慎重に見えた。麻原のパンチを警戒し、ディフェンスを意識していたという。負けられない試合だから当然ではある。しかし「ディフェンシブになりすぎてもメインの仕事ができない」と、虎視眈々とチャンスをうかがっていた。  左のロー、ミドルを的確にヒットさせると、2ラウンドに一瞬の隙を突くハイキック。鮮やかにダウンを奪うと、3ラウンドに連打でたたみかけ、試合を終わらせた。  復活の勝利をあげた秀樹に、真っ先に駆け寄ったのが妻のいつかだった。いつかは世界タイトルを獲得した元キックボクサー。秀樹の試合にはセコンドにつき、夫婦二人三脚で闘ってきた。

 試合前のリモートインタビューにも家族で登場。いつかはお腹に2人目の子が宿っていることを明かした。  秀樹は「自分で自分の首を閉めちゃうタイプ」だと言う。今回の試合に向けてもプレッシャーに苦しんだ。そんな秀樹を、いつかは「(お腹に)赤ちゃんがいるから勝てるよ」と励ましたそうだ。そのポジティブさに救われた秀樹は「弱い自分と向き合って、いい練習ができました」と語っている。  次の目標は、秋のビッグマッチで行なわれる-63kgのトーナメントだ。すでに自分に勝った白鳥大珠、原口がエントリーを決めており、試合後には「僕が出ても文句ないですよね」とアピールしてみせた。インタビュースペースでは、こんな言葉も。 「ここまできたらやるしかないでしょう。因縁の2人に、僕のいい部分を見せられてないですから。僕の実力はこんなもんじゃない」  家族の後押しも力にして、キャリアの分岐点となる試合で結果を出した秀樹。大逆襲への期待が高まる勝利だった。 文/橋本宗洋

【関連記事】