Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

日向坂46・小坂菜緒、欅坂46は「ずっと仲良くしてくださっている、本当に最高の先輩」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ザテレビジョン

9月25日(金)より、欅坂46・日向坂46応援公式音楽アプリ「UNI'S ON AIR(ユニゾンエアー)」のローンチ1周年を記念した新TVCMがオンエアされる。 【写真を見る】多種多様なウインクを披露した日向坂46・小坂菜緒のメーキングSHOT 今回のCMはグループごとに2パターンが制作され、欅坂46からは小林由依、日向坂46からは小坂菜緒が登場。 「欅坂46 激動の5年間」篇では、“センターのいないラストシングル”の異名を持つ「誰がその鐘を鳴らすのか?」を小林が全力でパフォーマンス。欅坂46らしいクールな世界観の中で踊る小林の周りには、これまでの激動の5年間を物語るような数々の過去のライブ映像が現れるという演出になっている。 撮影は、カット数が非常に多く、激しいダンスを何度も踊るというハードなものになったが、小林は振付師のTAKAHIROと念入りに打ち合わせを行い、息を切らすことなく細部まで洗練されたダンスを披露。 一方、「日向坂46 夢への5年間」篇では、小坂がほほ笑みながらウインクし、デビューシングル「キュン」をかわいく踊り抜く。 ウインクシーンの撮影は複数テイク行われたが、小坂は毎回新しいバリエーションのウインクをカメラの前で見せ、キュートな笑顔とかわいらしいダンスをカメラに収めた。 ■ 欅坂46・小林由依 公式インタビュー ――「ユニゾンエアー」は、未公開の映像含めライブ映像が豊富に収録されているところが魅力の一つですが、ご自身が最も印象に残っているライブと、そのエピソードを教えてください。 今までのライブだと、初めて東京ドームに出させていただいたライブは一瞬「どこにいるんだろう!?」という感覚になるくらい全体にお客さんがいっぱいで、初めての感覚だったのですごく覚えていますし、セットリストも最初から攻めた楽曲が多かったので、そういう部分でも欅坂46らしさがたくさん詰まったライブだったなと思います。 ――今後のライブやパフォーマンスで、ご自身やグループの注目ポイント、意気込みを教えてください。 まずは10月にラストライブを予定させていただいてるので、そこで欅坂46の集大成になるような、欅坂46らしさがたくさん詰まったライブができたらいいなと思います。 ――「ユニゾンエアー」では、メンバーの皆さまが出演する不思議な会話劇の「ドラマ」も楽しめますが、在宅自粛中など、ここ最近でちょっと不思議な出来事などございましたか? えぇ…何だろう(笑)。でも、ネット通販をやる機会がすごく増えたので、いつでもインターホンの音で起きられる準備をしてたんですけど、いざインターホンの音で起きたと思って出てみると誰もいなくて…って、何か怖い話みたいになっちゃいましたけど(笑)。 ――個人でも幅広く活躍されておりますが、アイドルと女優とで、準備、心構えの違いを教えてください。 パフォーマンスをするときは“欅坂46の小林由依”として精いっぱいパフォーマンスをしているんですけど、一歩外に出てからは、欅坂という名前は背負っているけどもう1人の“小林由依”として、枠にとらわれないようにやろうと意識しています。 ――欅坂46と日向坂46の交友関係を教えてください。 日向坂46のライブには何度も行かせてもらっていて、そのときに(日向坂46のメンバーと)話したりはするんですけど、個人的に日向坂46は推しているグループなので、推しメンもいたりするんですよ。推しメンは高本彩花ちゃんなんですけど、本当にいちファンとして応援してる感じで見てます(笑)。顔も好きだし、性格もちょっとサバサバしているようなところとか好きですね。 ――「ユニゾンエアー」は、プレーヤーはプロデューサーとしてメンバーをサポートし、応援しておりますが、これからグループとしてどういった部分に注目して応援してもらいたいですか? 欅坂46としては一つ区切りを打つことになるので、私たちがこれから進んでいく様子を追ってもらえたらうれしいなと思います。 ――CMの注目ポイントは? 欅坂46のライブパフォーマンスとしては激しい踊りとかが多いので、その世界観をCMで少しでも感じてもらえたらなと思います。 ■ 日向坂46・小坂菜緒 公式インタビュー ――CM撮影の感想を教えてください。 こうやって一人でCMを撮らせていただいて、すごく新鮮な感じがあったんですけど、今回「キュン」の衣装を着てCM撮影をして、日向坂の初めの頃を思い出してすごく楽しかったです。 ――日向坂46と欅坂46の交友関係を教えてください。 元々私たちは日向坂46という名前になる前に“けやき坂46(ひらがなけやき)”というグループで活動させていただいていて、当時は握手会とかで(欅坂46と)関わりがあって本当に仲良くしてくださっていて、私たちが改名してもその関係は変わらずずっと仲良くしてくださっているので、本当に最高の先輩です。 ――個人でも幅広く活躍されておりますが、アイドルと女優とで、準備、心構えの違いを教えてください。 衣装を着ているか着ていないかが、私の中ですごく大きいかなと思うので、衣装を着ているときは「あ、自分アイドルだな」と思うことが多くて。一方で、演技のお仕事をやらせていただいているときは、周りにメンバーとかいない環境ですし、空気感も全然違うので、その雰囲気で私の気持ち的にも変わっていると思います。 ――今後のライブやパフォーマンスで、ご自身やグループの注目ポイント、意気込みを教えてください。 最近というわけではないんですけど、ライブのパフォーマンス中にメンバーと目が合う瞬間が多くて。元々そういう振り付けもあるんですけど、そういう振り付け以外のところでもメンバーがハイタッチしたりとか、目を合わせて笑い合ったりとかしているところが結構多くて。そういうところをライブで見てくださっているファンの方に「今○○と目が合った!」とか、そういうところで盛り上がっていただけたら、より私たちのライブのパフォーマンスも楽しくなりますし、見てくださっている皆さんも楽しくなると思うので、メンバー一人一人の表情をしっかりと見ていただきたいと思います。 ――「ユニゾンエアー」は、未公開の映像含めライブ映像が豊富に収録されているところが魅力の一つですが、ご自身が最も印象に残っているライブと、そのエピソードを教えてください。 さいたまスーパーアリーナでライブをさせていただいたときの「こんなに好きになっちゃっていいの?」のイントロの部分なんですけど、MVと同じカメラの始まり方をして、それは「ユニゾンエアー」のライブ映像でも使っていただいているので、そこをMVと照らし合わせながらライブ映像も楽しめるんじゃないかなって思います。 ――「ユニゾンエアー」では、メンバーの皆さまが出演する不思議な会話劇の「ドラマ」も楽しめますが、在宅自粛中など、ここ最近でちょっと不思議な出来事などございましたか? 最近メンバー内の雰囲気がすごく変わってきていて、私たちがよく言っている“マルヤ”“マンテン”っていう今回のファーストアルバムに収録されている「アザトカワイイ」っていう曲にもピッタリなくらい、メンバーみんなあざとかわいくなってきて(笑)。最近本当に変わり始めてて、楽屋の雰囲気もすごく不思議な雰囲気になってたりとか、番組とか…(笑)。いつもと違うかわいらしい不思議な雰囲気が漂っているなって思ってます。 ――「ユニゾンエアー」は、プレーヤーはプロデューサーとしてメンバーをサポートし、応援しておりますが、これからグループとしてどういった部分に注目して応援してもらいたいですか? 私たちは本当にファンの皆さんがいるからこそ活動できているグループで、「応援しているよ」っていう声を聞けるだけでも私たちのエネルギーになるので、声を大きくして全力で私たちのことを大好きになっていただけたらそれで十分です。(ザテレビジョン)

【関連記事】