Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

“終わらない番勝負”豊島将之竜王・名人が勝利で2勝2敗のタイ 決着に8局目以上が確定/将棋・叡王戦七番勝負

配信

ABEMA TIMES

 将棋の叡王戦七番勝負第6局が8月1日に行われ、豊島将之竜王・名人(30)が永瀬拓矢叡王(王座、27)に139手で勝利し、対戦成績を2勝2敗2持将棋のタイに戻した。「七番勝負」とあるとおり、通常は4勝先取、最大7局で終わるが、今シリーズは持将棋・引き分けが2局あったことで、史上稀にみる長いシリーズに。本局の結果を受けて、タイトル決定も8局目以降になることが確定した。 【動画】第6局の模様  千日手1局、持将棋2局、200手以上の長手数が3局と、とにかく「長い」ことで注目を集めている今シリーズ。第6局は豊島竜王・名人の先手番から横歩取りで進むと、中盤からは形勢互角で進行。終盤、豊島竜王・名人が1分将棋に入ってから一気に突き放すと、その後も優勢、勝勢とリードを拡大し、確実に勝利を手にした。  対局時間、手数だけでも“史上最長級”となっているこのシリーズ。ここから両者1勝ずつあげれば、9局目までもつれる可能性もあるが、どんな結末を迎えるか。  第7局は10日に行われ、先手・後手は振り駒で決まる。持ち時間は各6時間。第8局以降の予定は、まだ発表されていない。

【関連記事】