Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【レパードS】先週末の1800m戦は「差し馬の83.3%が4角4番手以内」 本命は平坦巧者で馬場適性も高い穴馬

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
SPAIA AI競馬

過去10年、差し馬の42.9%が4角5番手以内

8月に入って関東甲信越地方もようやく長い梅雨が明け、本格的な夏の訪れを感じる日々が続いている。今週末、8月9日(日)に新潟競馬場では3歳限定のダート重賞、レパードS(GIII・ダート1800m)が行われる。 【レパードステークス2020予想】夏の3歳限定ダート重賞、有力馬デュードヴァンに不安あり!(東大HC編) 馬場適性の観点から分析・予想を行うにあたり、まずは過去10年のレパードSの結果から振り返っていく。 良が7回、稍重が3回という内訳となっており、良馬場であれば1分51秒から52秒という平均的なタイムでの決着となることが多い傾向にある。また37秒台の上がり決着になることが多く、極端に速い上がりを要求されることは少ないと言えるだろう。 脚質面では逃げ1勝、先行5勝、差し4勝という内訳。2着、3着に目を向けてみても、逃げ4頭、先行4頭、差し10頭、追込2頭となっており、一見すると差し馬が抜けて多いようにも見えるが、逃げ・先行8頭、差し10頭という分け方にすると、ほぼ互角だった。しかし、差し馬14頭中42.9%にあたる6頭が4角5番手以内というデータも残っており、道中である程度のポジションまで押し上げることができる自在性も求められている。 小回りで直線が短いというイメージもある新潟競馬場のダートコースではあるが、直線は353.9mもあり、同じく直線が平坦の京都競馬場よりも長い。そうしたことが差し馬も多く台頭できる要因なのではないだろうか。

今週末は雨予報

先週末、8月1日(土)と2日(日)に新潟競馬場で行われたダート1800m戦、5レースの結果についても見ていこう。 前日の7月31日(金)に100.5mmの雨量を観測。重からスタートとなったが、気温が上がり天候にも恵まれたこともあり、土曜日後半には稍重に、日曜日は良まで回復した。日曜日の10Rに行われた柳都S(3勝クラス)では1:50.7というタイムでの決着。前半1000mの通過が1:00.9とハイペースのレースでありながら、1着~3着馬が使った上がりはいずれも37.3が計測されており、時計はやや速めで上がりは平均的な馬場コンディションだった。 1800m戦、5レースで馬券圏内に好走した馬たちの脚質を見ると、先行馬が9頭、差し馬が6頭という内訳となっていたが、過去10年のデータで見られた傾向と同様に、差し馬6頭中5頭が4角4番手以内、残る一頭も4角6番手と前を射程圏に入れられるポジションまで押し上げていたことが見てとれる。もちろん先週末と今週末では馬場コンディションは変化するので一概にはこのデータが通用するとは言えないが、参考データとして頭の片隅には置いておきたい。 今週は週の前半から30℃を超える暑い日が続いているものの、執筆している時点での天気予報では、金曜日から日曜日にかけて雨予報となっている。雨が早く上がれば先週末と同程度、レース直前まで降り続いた場合は少し速い馬場コンディションになると予想する。そうした点も踏まえつつ、予想していきたいところだ。

【関連記事】