Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

音楽教室もオンライン化 スマホでレッスン 浜松市

配信

静岡朝日テレビ

 様々な職種でオンラインの活用が広がる中、子どもたちの習い事にもオンライン化の流れが生まれています。 難波亮太記者:「通常ピアノ教室では先生が横に座って指導しますが、こちらの教室ではこのスマートフォンを通してレッスンしています」  浜松市中区の「さえピアノ教室」。ピアノに向かっているのは、講師の塩沢佐江さんただ一人。そばに置いてあるスマートフォンの画面に向かって話しかけます。 塩沢さん:「ファ、ラ、レ。ちょっとそこだけ弾いてみて。 (ファ・ラ・レ) 「そう、そこもスタッカートにしてみて。この曲はスタッカートがいい曲なの。ちょっと弾いてみるから聞いてて」  この教室には園児から中学生まで37人が通っています。通常のレッスンでは密着が避けられないため、先月16日以降、教室での指導を中止し、オンラインレッスンに切り替えました。 塩沢佐江さん:「音楽がどうこうという前に、安全というのが一番確保しないといけないこと」  この日は小学4年生の男の子にテレビ電話のアプリを使い、曲の強弱やテンポを細かく指導しました。塩沢さんの教室では、オンライン指導に切り替えたことで辞める生徒も出たといいます。また、音が割れたり譜面を確認する作業に手間取るなど不便な点もあります。 指導を受けた生徒は… 市野沢賢仁君(小4):「実際に佐江先生のうちでやれないから寂しい。(レッスン自体は)別にいつもと変わらない」  塩沢さんは来月以降、教室での指導を再開する考えですが、保護者の送迎時間が省けるなどのメリットもあるため、引き続きオンラインも活用する考えです。 塩沢さん:「偉大な作曲家が生きてきた時代も、スペイン風邪が流行ったり天然痘が流行ったりという中で、作曲家も困難な時に音楽を求めて曲をたくさんかいてきたと思うので、今私たちもコロナに負けないで音楽を楽しんだりというのを、みなさんにやっていただきたいなと思います」