Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

『デススト』起用で話題のLow Roar(ロウ・ロアー)、初来日公演が10月に決定

配信

Billboard JAPAN

 世界的ゲーム・クリエイター小島秀夫が手掛けるゲーム『デス・ストランディング』で楽曲が使用されて話題沸騰のLow Roar(ロウ・ロアー)の初ジャパン・ツアーが決定した。 その他の画像  米カリフォルニア出身、アイスランドのレイキャビクへの移住を経て、現在はポーランドのワルシャワに暮らし、UKをレコーディング拠点にしながら世界中をツアーしているライアン・カラジヤによるソロ・ユニット、ロウ・ロアー。  彼の4thスタジオ・アルバム『ross.』は、小島秀夫監督による2019年の話題作『デス・ストランディング』の発売日である11月8日に合わせてリリースされた。このゲームのサウンドトラックには、ロウ・ロアーのアルバム全4作品『ross.』『Once in a long, long while…』、『0』、『Low Roar』から選ばれた楽曲が使われている。小島監督がレイキャビクのレコード・ショップで偶然ロウ・ロアーの音楽を耳にしたことがきっかけとなり、2016年に公開された『デス・ストランディング』の第1弾トレイラーに「I’ll Keep Coming」と「Easy Way Out」の2曲をフィーチャーすることで両者のコラボ―ションはスタートした。  『ross.』は、長年のコラボレーターであり3度の【グラミー】受賞歴を誇る人気プロデューサー、アンドリュー・シェップス(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、アデルほか)、マイク・リンゼイ(タン、ランプ)、そしてライアン・カラジヤ自身による共同プロデュースで制作された。  ロウ・ロアーの初来日公演は、10月20日に大阪・Live House Anima、10月21日に東京・Shibuya WWW Xにて開催。チケットの一般発売は、3月21日からとなっている。 ◎公演情報 【Low Roar JAPAN TOUR 2020】 2020年10月20日(火) 大阪・Live House Anima 2020年10月21日(水) 東京・Shibuya WWW X 前売り:6,000円 (スタンディング/税込/1ドリンク代別途/整理番号有り) チケット一般発売:3月21日(土) INFO:SMASH

【関連記事】