Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

綿のTシャツ vs ポリエステルのTシャツ、体温上昇を抑えるのはどっち?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日経グッデイ

この記事では、今知っておきたい健康や医療の知識をQ&A形式で紹介します。ぜひ今日からのセルフケアにお役立てください! 【関連画像】発汗が始まると衣服表面温度はどう変わった? ●「暑さ対策」に関する問題 【問題】暑くて汗をかくような状況のとき、綿100%のTシャツとポリエステル100%のTシャツのどちらを着たほうが、体温の上昇を抑えられるでしょうか。 (1)綿100%のTシャツ (2)ポリエステル100%のTシャツ

 正解は、(2)ポリエステル100%のTシャツです。  衣服の素材によって、着ている人の体温上昇の具合は異なります。  神戸女子大学教授・平田耕造さんらは綿100%のTシャツとポリエステル100%のTシャツを用いて、温熱環境下での衣服の表面温度と、皮膚血流量を調べる実験を行いました(*1)。その結果、発汗が始まった頃から特に吸湿性の高い綿のほうが大きく衣服の表面温度が上がり、皮膚血流も増加しました(図1)。  「ポリエステルは構造上、繊維内部に水分を保持しにくいため乾きやすいのですが、綿素材は水分が繊維そのものに染み込み、保たれた水分が温まって収着熱と呼ばれる熱が上乗せされます。汗をあまりかかない状況では綿のTシャツも吸湿性が高く快適ですが、汗をかくと綿は吸湿性により暑く不快に感じるのです。ただし、同じ素材でも汗のかき方によって収着熱の影響は変わります。環境条件や個人差によっても感じ方は違ってきます」(平田さん)  平田さんによれば、汗をかいているときは、綿のような、吸湿性が高くて、さらに繊維内部に水が入り込んで膨れ、中に水分を保持しやすく、環境へ蒸発されにくい素材より、ポリエステルのような、吸水性(繊維と繊維の隙間に毛細管現象(*2)で水を吸い上げる)と速乾性(繊維内部に水分を保持しにくいため乾きやすい)を兼ね備えた素材のほうが、熱放散が促進されやすいそうです。 ●「密着したポリエステル製のインナー+ゆったりしたシャツ」も〇  平田さんらは、綿100%とポリエステル100%のインナーを用いて、それぞれ皮膚との間にゆとりがあるものと密着したものとで、発汗に伴う深部体温の変化を見る実験も行いました(*3)。  その結果、ポリエステルでゆとりのあるインナーでは体温は0.41℃上昇したのに対して、同じポリエステルでも肌に密着したインナーでは0.30℃の上昇にとどまりました。綿はポリエステルよりも体温が高くなり、ゆとりタイプでは0.49℃、密着タイプでは0.60℃の上昇となりました(図2)。  「ゆとりがあるタイプは皮膚の汗をインナーの外の環境へ移動させるまでに一度蒸発させなければならないので時間がかかり、体温が上がりやすくなります。密着しているほうが汗を皮膚から繊維と繊維の隙間に素早く吸収して広げるので、汗が水蒸気となるときに熱が外へ早く逃げることになります」(平田さん)  つまり、発汗を伴うような暑さのときは、体に密着したポリエステルのインナーを着るのがよいということです。さらに、その上に着るシャツや上着は、空気が入りやすいゆったりしたものにすれば、裾から襟元へ空気が抜ける「煙突効果」も期待でき、体温上昇が抑えられやすいといいます。

【関連記事】