Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【加害教師のいま】捜査関係者が明かす 神戸教師いじめ「激辛カレーの傷害事件について書類送検する予定」

配信

文春オンライン

 神戸市立東須磨小学校の教諭4名が同僚の男性に対し、激辛カレーを無理矢理食べさせるなどのいじめ行為に及んでいた問題。発覚から4カ月が経ち、現場となった東須磨小学校でも例年通りの受験・卒業シーズンを迎えているが、学校を去った加害教師たちの近況が「週刊文春デジタル」の取材により明らかになった。 【画像】事件の発端となったいじめの現場  「教師いじめ」問題は発覚後、メディアが連日大きく報じた。教師が同僚教師を羽交い絞めにして激辛カレーを無理やり食べさせる動画は衝撃的で、大きな社会問題に発展した。  そのあおりを受けたのが、神戸市教育委員会総務課の調整担当係長Aさん(39)だ。Aさんは教育委員会の会議の運営や教育委員との連絡調整を担当しており超過勤務が多かった。そして発覚から約4カ月後の2月9日、Aさんは自宅付近の橋から飛び降り、自殺したのだ。  2年前、芦屋市内に1戸建てのマイホームを購入したAさんは、妻と幼い子供2人の4人暮らし。近所の評判も良かった。 「会うと必ず丁寧に挨拶してくれる、感じのいい方でした。休みの日は家族揃って車で買い物に出かけたり、子供を近所の公園に連れて行って自転車の練習に付き合ったりと、パパとしても頑張っていた。もともと地元もこのあたりのようで、芦屋の町のこともよくご存じでした」(近隣住民)

遺書には「市教委の仕事がしんどい」

 Aさんは「市教委の仕事がしんどい」などの仕事の苦悩と家族への別れを手紙に綴り、2月9日の未明から行方がわからなくなっていた。午前4時、家族が110番通報し、巡回していた芦屋署の警察官が、午前6時ごろに東灘芦屋大橋で歩いていたAさんを発見。反対車線から声をかけると、Aさんは突然走り出し、側壁を乗り越えて高さ25メートル以上の橋から飛び降りた。橋下のフットサル場の地面に激突し、命を落としたという。 「飛び降りた橋は、Aさんが暮らしていた芦屋の町を一望できる場所。Aさんはよほど追い詰められていたのでしょう。翌日の午後からも会議が控えていた」(地元紙記者)

【関連記事】