Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

東山紀之が独身男として窮地に 『おとなの事情 スマホをのぞいたら』予告編&ポスター公開

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
リアルサウンド

 東山紀之主演映画『おとなの事情 スマホをのぞいたら』のポスタービジュアルと予告編が公開された。  本作は、イタリアのアカデミー賞で作品賞・脚本賞に輝き、世界中で大ヒットを記録、さらに中国、韓国、フランス、ドイツ、ロシアほか18カ国でリメイクされた『おとなの事情』の日本版リメイク作。スマホに届くメールと電話の内容をパートナーや友人たちとさらし合う、そんなゲームを始めてしまったおとなたちだったが、実は全員誰にも言えない秘密を抱えていた。それぞれが緊張の夜を過ごすハメになってしまったその行方に待っていたのは……。  主演を東山が務めるほか、鈴木保奈美、常盤貴子、益岡徹、田口浩正、木南晴夏、淵上泰史らがキャストに名を連ねた。脚本はNHK連続テレビ小説『ひよっこ』などを手がける岡田惠和が担当。監督を『バースデイプレゼント』の光野道夫が務めた。  公開された予告編は、月蝕の夜に集まった3組の夫婦とモテない独身男(東山)の7人が、“お互いのスマホの中身をさらし合う”他愛のないゲームをスタートするところから始まる。それぞれが必死で自分の秘密を隠そうとし、こっそりスマホを持ってテーブルから離れようとしたり、スマホを誰かと交換して難を逃れようとする。しかし、楽しいはずのパーティは次第に緊張感が増していく。やがて、決定的なメールによってパーティは修羅場に。携帯が鳴る度に慌てふためき、それぞれが隠していた秘密が露になっていく中、「最低なのは俺なんだ……」とつぶやく独身男の姿も。予告編は、7名のシリアスな表情が切り取られたところで幕を閉じる。  あわせて公開されたポスタービジュアルでは、笑顔でテーブルを囲む7人のおとなたちと、まさに“笑っていられるのは、今のうち”のキャッチコピー通りの笑えない状況下に立たされた7人が上部に切り取られており、対照的な表情が垣間見えるビジュアルに仕上がっている。

リアルサウンド編集部

【関連記事】