Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

レイズ筒香がPS出番激減に直面…速球派に“ダルマさん”の試練

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日刊ゲンダイDIGITAL

 レイズ・筒香嘉智(28)の出番がメッキリと減っている。  6日現在、ポストシーズンはワイルドカードゲーム、地区シリーズ合わせて5試合中2試合に出場しただけで、計3打数無安打1三振。6日のヤンキースとの地区シリーズ第2戦は四回2死一、二塁の好機で代打に起用されたが、3番手右腕オッタビノに左飛に倒れた。  左打ちの筒香はレギュラーシーズンでは、相手先発が右腕の時にスタメン起用されてきた。このヤンキース戦は初戦がコール、2戦目が新人ガルシアの両右腕が先発しながら、三塁のスタメンを同じ左打のウェンドルに譲った。  筒香がポストシーズンで出番が減った原因は相手投手の左右ではなく、投球のタイプだ。コール、ガルシアの両右腕とも、速球が武器の本格派で、キャッシュ監督は筒香では荷が重いと判断したようだ。  筒香はDeNA時代から速球を苦手としており、今季も攻略したのはいずれも技巧派だった。今季、筒香が本塁打を放った投手は、ブルージェイズの韓国人左腕である柳、マーリンズの右腕ロペスら、直球の最速が150キロ前後のメジャーでは軟投派ばかり。球種は8本塁打のうち、6本が真ん中から外寄りの変化球で、残りの2本の直球はいずれも150キロ未満だった。  レイズは伝統的に対戦成績などのデータを重視してきた。打順などの起用法もデータに基づいて決められる。メジャーでも屈指とされるレイズのスコアラーは当然、筒香の弱点を把握している。レギュラーシーズンならともかく、負ければ後がない短期決戦のポストシーズンでは、弱点が明白な新人野手の起用に二の足を踏むのは仕方のないことだろう。  メジャー1年目で4番も打ったが、ポストシーズンでは蚊帳の外に置かれかねない。  その筒香は、田中将大(31)が登板する7日の第3戦に「5番・DH」で4戦ぶりのスタメンに名を連ね、5打数無安打に終わった。チームは8-4で勝利。田中はメジャーではスプリットが武器の軟投派だ。

【関連記事】