Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

三菱電機、非接触タッチパネルと空中タッチディスプレイ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Impress Watch

三菱電機エンジニアリングは、画面に触ることなく近づいた指の位置を検出する3Dセンシング技術を用いた「タッチレス機能付タッチパネルモニター」と、空中ディスプレイ技術および空間タッチ操作技術を採用した「空中タッチディスプレイ」の試作機を開発した。ニューノーマル社会における課題解決に貢献するとして、'21年度の製品化を目指すという。 【この記事に関する別の画像を見る】 「タッチレス機能付タッチパネルモニター」は、投影型静電容量方式タッチパネルと3Dセンシング技術を活用。タッチパネルの電極数を切り替えながら容量変化を検出することで、近づいた指の位置を特定する。タッチパネル表面から約3cm離れた距離で操作ができるため、画面に触れる必要がなく、衛生的なオペレーションができる。 「空中タッチディスプレイ」は、再帰反射材搭載の光学系により、空中に映像を浮かび上がらせる技術と、三次元距離センサーにより、指の位置や動きを判別する技術を組み合わせることで、空中に映し出された映像をタッチすることで画面操作が行なえる。画面に触れる必要がないことから衛生的なだけでなく、汚れやキズがつかないため、省メンテナンス性にも貢献するとのこと。 いずれも、ウイルス感染予防意識が高まるなか「特に公共施設、医療機関、オフィス等で、不特定多数が使用するタッチパネル式の入力端末においては、非接触での操作」が求められることを受けて開発されたもの。「より衛生的なオペレーションが可能となることから、入力端末での接触・感染リスクを低減することに貢献します」としている。 今後は、ニューノーマル時代における衛生面でのさらなるニーズを把握するべく、公共、医療、食品などのさまざまな市場におけるマーケティングを強化すると同時に、今回試作機の機能や性能をさらに向上させ、'21年度の製品化を目指す。

AV Watch,酒井隆文

【関連記事】