Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

エアバス 二酸化炭素排出ゼロ旅客機開発へ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
日本テレビ系(NNN)

ヨーロッパの大手航空機メーカー「エアバス」が21日、地球温暖化対策として、二酸化炭素を排出しない旅客機を2035年までに実用化する計画を発表しました。 エアバスは21日、二酸化炭素を排出しないコンセプトモデルとして3つの機種を発表しました。いずれも水素を燃料にエンジンを動かすタイプで、客席が最大200席で大陸を横断できるものや、航続距離1800キロ余りの近距離向けプロペラ機、さらには主翼と胴体部分が一体となった近未来的なデザインの機種もあります。 航空業界でも地球温暖化対策が求められるなか、エアバスは2035年までに二酸化炭素排出ゼロの航空機を実用化する計画ですが、水素の利用を促進するためのインフラ整備には、政府や産業界の支援が必要だと訴えています。

【関連記事】