Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【MLB】ダルビッシュ、今季初2桁11奪三振で3勝目 米メディア称賛の嵐「見事」「圧倒した」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Full-Count

ノーヒッターならずも7回毎回11奪三振1安打無失点、自身3連勝となった

■カブス 4-2 ブルワーズ(日本時間14日・シカゴ)  カブスのダルビッシュ有投手が13日(日本時間14日)、本拠地のブルワーズ戦で先発登板した。ノーヒットノーランの期待がかかった7回1死からソロ被弾したものの、7回1安打1失点の圧巻の投球で今季3勝目を挙げた。今季初の2桁となる毎回11奪三振。最速は97.9マイル(約157.6キロ)で、防御率1.88と1点台に突入した。チームは4-2で快勝し、3連勝を飾った。 【動画】驚愕の変化に打者は動けず… 157.6キロが鋭く曲がる、ダルビッシュが投じたツーシームの実際の映像  初回から奪三振ショーだった。7回1死からスモークに右越えソロを浴びたが、7回104球(ストライク69球)を投げて、11奪三振2四球1死球、1安打1失点。3試合連続のクオリティースタートを達成した。チームは13勝3敗で地区首位。歴史的な快進撃に貢献した。  米メディアからは称賛が相次いだ。「670ザ・スコア」のクリス・エマ記者は「ユウ・ダルビッシュの見事なパフォーマンス。ユニークな球種の選択で、ブルワーズを抑え込んだ」とツイート。「ジ・アスレチック」のシャハデフ・シャルマ記者も「カブスがブルワーズとのシリーズ初戦を4-2で勝利。ダルビッシュは7イニング圧倒した」と自身のツイッターで速報した。  7月31日(同8月1日)の本拠地パイレーツ戦から自身3連勝。安定感抜群の投球でチームの快進撃を支えている。

Full-Count編集部

【関連記事】