Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「泣き声で責められている気が……」町田2歳児“布団巻きつけ”殺害、母が抱えていた“ある悩み”

配信

文春オンライン

「息子が息をしていない!」  東京・町田市の閑静な住宅街にある一軒家から、動転した女性の声で110番があったのは6月23日午後9時40分頃のこと。 【画像】“布団巻きつけ”殺害で逮捕された母  近隣住民が語る。 「夜遅くに救急隊や警察が来ていたので何かと思って外に出たら、小さい男の子が心臓マッサージを受けながら運ばれていたんです。おばあちゃんらしき人が『うちの孫が……』とうろたえていました」  男の子は搬送先の病院で死亡が確認され、死因は窒息死とみられる。警視庁はこの2歳の長男・崇太郎ちゃんを殺害した疑いで、母親の武田華佳(はるか)容疑者(31)を逮捕した。  社会部記者が解説する。 「一家は華佳と夫、亡くなった崇太郎ちゃん、双子の姉の4人暮らしで、近所に祖母が住んでいた。事件前、4人は1階のリビングにいましたが、華佳と夫が口論になってしまい、それを見ていた崇太郎ちゃんがぐずりだした。なかなか泣き止まなかったため、華佳は崇太郎ちゃんを2階の寝室に連れて行き、長さ約2メートル、重さ約4.8キロの敷布団でぐるぐる巻きにして放置したのです」  ところが40分ほどして、泣き声がしないことに気づいた華佳が2階に上がると、崇太郎ちゃんはすでに息をしていなかった――。  武田家は周囲からは、ごく普通の家庭に見えていた。 「昨年、引っ越してきたばかりで、旦那さんはソフトウェアの開発を手がける会社に勤め、奥さんは専業主婦として育児に専念していました」(前出・近隣住民)

「泣き声を聞くと自分が責められている気がした」

 だが、華佳はある“悩み”を抱えていたようだ。捜査関係者が語る。 「崇太郎ちゃんは体重約500グラムの未熟児として生まれ、双子の姉と比べて成長が遅かった。体も弱く、病院にも通っており、夜泣きも多かったようです。華佳は『泣き声を聞くと自分が責められている気がした』とも供述しています。事件前に夫と口論になったのも子育ての仕方が原因で、育児ストレスが相当あったのでしょう」  育児を理由に、近隣との関わりも薄かったという。 「お母さんはあまり外で見たことはありません。町内会に入らないかと誘われていましたが、『子育てが大変なので』と断っていたみたいです。2人のお子さんも身長が全然違ったので、双子だとは思いませんでした。でも、お母さんはまさか、こんなことをする人には見えませんでした……」(別の近隣住民)  華佳は取調べに対して、「ぎゃんぎゃん泣くのでまいってしまった。近所に声が聞こえるのが気になり、以前も布団で巻いたことがあるが、自力で出てきたので大丈夫だと思った。殺すつもりはなかった」などと供述している。

「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年7月9日号

【関連記事】