Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

片野坂社長「需要回復厳しい」ANAHD株主総会、新型コロナ対策で時間短縮

配信

Aviation Wire

 全日本空輸(ANA/NH)などを傘下に持つANAホールディングス(ANAHD、9202)は6月29日、都内のグランドプリンスホテル新高輪で第75回株主総会を開催した。取締役10人と監査役2人の選任の2議案をともに可決して閉会した。来場した株主数は、2004年開催の第59回からの中でもっとも少ない585人で、所要時間も最短の1時間21分となり、退場者はゼロだった。 ◆資金「当面問題ない」  マスク姿で総会の議長を務めた片野坂真哉社長は、中国から拡散した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響について、「3月の旅客数は国際線が前年より72%、国内線が59%減少した。コロナが業績に与える影響は甚大であり、収束時期を見通せない状況。未曾有の厳しい経営環境だ」と説明。「手元のキャッシュ確保が喫緊の課題であり、当期配当は見送らせていただいた」と、年間配当が無配になったことを陳謝した。  政府による緊急事態宣言後、4月から5月の旅客数が前年比で9割以上減少した一方で、救援物資や医療品の貨物輸送が増えたことに触れた。社員の一時帰休は34社4万3000人にのぼり、役員報酬や管理職手当、夏季一時金の減額を実施。「固定費圧縮は経営の最重要課題」として、人件費圧縮に加えて航空機受領や機内プロダクト改修の抑制を進めていると述べた。  資金面については「当面の間は問題ございません」と述べ、4月から6月にかけて民間金融機関と政府系の日本政策投資銀行(DBJ)から5350億円規模の借入を実施し、融資枠も既存の1500億円を5000億円に拡大することで、合計1兆円規模の対策を講じていると説明。手元流動性の確保に努めているとした。  片野坂社長は「創業から68年。純民間企業として常に自分の足で立ち続け、数多くの危機を乗り越えてきた。今回のコロナ危機も、グループ役職員全員の知恵と努力を結集して乗り越え、安全運航を堅持し、経営ビジョンであるリーディング・エアライングループに向けて事業を再び成長軌道に戻す」と、株主へのあいさつを締めくくった。 ◆国際線旅客1日1000人未満  株主からは、借入増加や長期的な資金調達の見通し、機材計画、2021年度入社の新卒採用見送りなどについて質問が寄せられた。  片野坂社長は足もとの状況について、「国内線はようやく1日3万人になったが、普通は13万人。国際線も1日1000人おらず、本来は3万人。まだまだ航空需要の回復は厳しい」との見方を示し、借入金の増加や新卒採用の見送りに理解を求めた。  2021年で生産完了となるエアバスA380型機や、三菱航空機が開発中の「三菱スペースジェット(MSJ、旧MRJ)」についても質問が及んだ。経営戦略や機材計画を担当する芝田浩二上席執行役員は、A380導入時にメーカーのエアバス、エンジンメーカーのロールス・ロイスの双方から今後のサポート体制維持について「確約を得ている」とし、MSJについては「開発が継続されており、来年以降の導入に向けて準備が進んでいると承知している」と述べた。  今回の総会は、新型コロナウイルス対策として、概ね1時間程度で終了するよう、会社側がプレゼンテーションの時間を短縮するなどの対策を講じた。会場も座席間隔を例年より広くしたといい、出席した株主にはマスクの常時着用が求められた。開会前の会場アナウンスでは、体調不良の場合は退席を促す可能性があることも予め伝えられた。

Tadayuki YOSHIKAWA

【関連記事】