Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

フルーツを冷凍してもっとおいしく! 正しい保存方法と食べ方をレクチャー

配信

ELLE ONLINE

その冷凍庫、ちゃんと活用できてる?

新鮮な食べ物のベストな保存方法を知ることは、外出を避けるべき今のような状況下ではとくに大事なこと。なかでも冷凍庫はすごく便利で、意外な食材も冷凍保存できるみたい。   そして、実はフルーツや野菜のなかにも冷凍可能な食材があるそう。食品廃棄の専門家で廃棄野菜を減らすためのウェブサイト「オッドボックス」の共同創始者であるエミリー・ヴァンポペリンゲさんが、フルーツや野菜を良い状態で長持ちさせるための冷凍方法を伝授してくれた!

1. フルーツを冷凍するコツ

・もしフルーツに変色や傷みがある場合は、そのままだと早く悪くなってしまうのでその部分を切り取ってから冷凍する。   ・一口サイズにカットする。   ・キッチンペーパーで軽く叩いたり乾かしたりして、冷凍する前にできるだけ水気を取る。   ・フルーツはお好みの組み合わせでフリーザーバックにまとめてイン。ブレンダーにそのまま入れれば冷たくて美味しいスムージーに。

2. りんごの冷凍方法

りんごは皮をむいてから冷凍する(むいたりんごの皮は揚げたりオーブンでローストしてチップスにするとおいしいので試してみて)。   というのも皮は傷がついていることが多く、そこから傷みやすいそう。芯をカットして一口サイズにカットしたらフリーザーパッグに入れて冷凍すればOK。   使い方:パイやクランブル、シュトゥルーデルなどのスイーツに使うりんごソースを作る時に便利。   保存可能期間:9~10カ月

3. バナナの冷凍方法

普通に食べるのに飽きてしまった人におすすめしたいのが、バナナを冷凍すること。冷凍保存しておけば、次回バナナブレッドを作りたい時にすぐに使える。そのまま冷凍するのもありだし、皮をむいて、もしくは一口サイズにカットしてからでも◎。   使い方: バナナブレッド以外にも、バナナミルクやアイスクリーム、バノフィーパイに冷凍バナナが活躍してくれる。   保存可能期間:2~3カ月

4. ベリー類の冷凍方法

ベリー系フルーツを冷凍する際は洗わない方がいいみたい。水分が残ったまま冷凍すると実がいくつも集まって氷の塊になってしまう。もし洗うなら、冷凍庫に入れる前に乾くまで置いておき、キッチンペーパーなどで軽く叩いて水気をとることが大事。   使い方:そのままスムージーに入れたり、マフィンに入れて焼いたりしても美味しい。   保存可能期間:6~9カ月

【関連記事】