Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

コロナ苦境の砥部焼支援 東急ハンズに特設コーナー「発表の場ありがたい」【愛媛】

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
テレビ愛媛

テレビ愛媛

コロナ禍のため砥部焼のイベントは中止が相次ぎ、窯元も打撃を受けています。この苦境に立つ砥部焼の支援に、松山市内のグッズ販売店が乗り出しています。 東急ハンズ松山店では、16日から始まった「愛媛百貨POP UP SHOP」に、砥部焼の4つの窯元の作品が並べられています。作品は砥部焼の伝統に新しさを加えていて、コロナ禍で疲れた日常に潤いを持ってもらおうと明るい色調の器が並びます。 大西陶芸・大西先さん: 「5月から売り上げが半減以下、前年20%位になって本当に大変な状況が続いています。商品を発表する場がなくなったので、こういった形で発表させて頂けるのは本当にありがたい」 はし置きの商品は、お茶碗やひょうたんのデザインで食卓を明るくするイメージです。 すこし屋・松田知美さん: 「家で過ごす時間も多いので、家族の食卓が楽しい場所になったらいいなと」 また砥部焼のアクセサリーも展示され、なかにはこのコロナ禍で生まれた「マスクチャーム」も。マスクの紐に付けてアクセントを添えるユニークなものもあります。 この砥部焼のコーナーは、11月いっぱい東急ハンズ松山店の中に設けられています。

テレビ愛媛