Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【鹿島】遠藤康が指摘した敗因。「勝たなければ、の思いがマイナスに出た」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
サッカーマガジンWeb

開幕から泥沼の4連敗、J開幕前の公式戦も含めると6連敗。鹿島アントラーズは、もがいている。07年、08年、09年のリーグ3連覇を含む4度の優勝を経験した遠藤康は、苦しむチームの状況をどう見ているのか。 公式戦6戦未勝利と苦しいスタートとなっているザーゴ監督(写真◎山口高明) ■2020年7月12日 J1リーグ第4節(@埼スタ:観衆3,094人)  浦和 1-0 鹿島  得点:(浦)エヴェルトン     (鹿)なし

悲観する内容ではない

 2試合連続でノーゴール。開幕から4連敗となり、クラブワースト記録まで更新した。危機的な状況に陥っているが、鹿島で4度の優勝を経験しているベテランの遠藤康は焦っていなかった。むしろ、落ち着いた表情で現状を見つめている。 「開幕4連敗という言葉は嫌だけど、悲観する内容ではない。きょうの試合を見ていた人は分かるはず。ピンチらしいピンチはほとんどなかったし、攻めの形も数多く作っていた。もちろん、負けたのは悔しいですが」  ショートパスをつなぎながら相手のゴール前まで運んでいたのは事実だろう。ただ、鹿島の決定的なシーンもそれほど多くなかった。前後半合わせてシュートは計4本。いずれも完全に崩したような形ではない。むしろ、慌ててフィニッシュに持ち込み、自らの首を締める場面も散見した。 「勝たないといけないという思いがマイナスの方に出た。練習では最後の3分の1でも落ち着いている」と遠藤。  ザーゴ新監督の戦術は徐々に浸透し、ポゼッション率が高まっている。一方で、かつての鹿島らしさが薄れているとも映る。堅実な守備でしのぎ、粘ってゴールを奪う。内容が悪くても、勝利をもぎ取る。それこそが伝統の強さだった。  時代に合わせた変化は必要かもしれない。ただ、失ってはならないものもある。この日は、そのバランスのとり方に苦しみ、「思いがマイナスの方に出た」。  次節、鹿島はホームにJ1王者、横浜F・マリノスを迎える。『思いをプラスの方に出し』、連敗脱出はなるかーー。 取材◎杉園昌之 写真◎山口高明

サッカーマガジン編集部

【関連記事】