Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ごろごろチキンの炊飯器ピラフ。ワンプレートご飯が一度に完成!

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ESSE-online

毎日の夕飯の献立を考えたり、何品も料理するのが大変…という方におすすめなのが、炊飯器でつくるワンプレートご飯。肉は焼かずに、ご飯とともに炊飯器で一気に調理することで、ぜいたくな一皿ができ上がります。 今回は、ごろっと入った鶏肉とジャガイモで食べごたえバッチリな「チキンとトマトピラフ」の炊飯器調理レシピをご紹介します。

肉と野菜と米を一気に炊くだけ!炊飯器でつくるチキンピラフ

ジューシーなチキン&ほくほくジャガイモのメインに、トマトたっぷりのピラフがおしゃれなワンプレートご飯も、炊飯器なら一気に完成。炊いている間に、サラダやスープなどをつくれるので忙しい日には大助かりのメニューです。ハニーマスタードソースを肉やイモにかけてどうぞ。

●チキンとトマトピラフ

【材料(4人分)】 ・米 2合 ・鶏モモ肉 2枚(400g) ・トマト、ジャガイモ 各2個 ・タマネギ 1/2個 ・塩、顆粒コンソメスープの素 各小さじ1 ・バター 20g ・ローリエ(あれば) 1枚 ・ベビーリーフ 適量 ・A[しょうゆ大さじ2 粒マスタード、はちみつ各大さじ1] 【つくり方】 (1) 米を洗って水気をきり、炊飯器の内釜に入れて、2合の線まで水(分量外)を注ぐ。大さじ4の水を取り除いて、30分おく。 (2) 鶏肉は1枚を半分に切る。トマトとジャガイモは4等分のくし形に切る。タマネギはみじん切りにする。 (3) (1)に塩と顆粒コンソメスープの素、(2)のタマネギとトマトを加えて混ぜる。(2)の鶏肉とジャガイモ、バター、ローリエをのせて普通に炊く。 (4) 炊き上がったら鶏肉とジャガイモを取り出し、全体を混ぜる。取り出した鶏肉は食べやすい大きさに切る。 (5) 器に(4)のトマトピラフと鶏肉、ジャガイモ、ベビーリーフを盛りつけ、混ぜ合わせたAを添える。 [1人分620kcal]

<ポイント> トマトから水分が出るので、(1)で水大さじ4を取り除くとちょうどいい炊き上がりになります。 <料理/吉田愛 撮影/林紘輝 取材・文/ESSE編集部> ●教えてくれた人 【近藤幸子さん】 料理研究家、栄養管理士。2児の母でもある。簡単レシピが人気で、料理教室「おいしい週末」を主宰。近着に『味が決まる! レシピがいらない中火で8分蒸し』(家の光協会刊)

【関連記事】