Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【Krush】レオナ・ペタスが大岩に勝利しV2、武尊「やろうぜ!」レオナの対戦承諾

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
イーファイト

K-1実行委員会 『Krush.115』 2020年7月21日(火)東京・後楽園ホール 【フォト】武尊がついにレオナの対戦要求を承諾した瞬間 ▼メインイベント(第9試合) Krushスーパー・フェザー級タイトルマッチ 3分3R・延長1R ◯レオナ・ペタス(THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS) 判定3-0 ※30-29×2、30-28 ●大岩龍矢(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST) ※レオナが2度目の防衛に成功  レオナは“石の拳”の異名を持つハードパンチを武器に、国内トップファイターたちを次々と撃破し、現在8連勝中。武尊に最も近い存在として注目される逸材だ。  大岩は武尊と同様にハードパンチを売りとするファイター。2019年8月のK-1大阪大会では、皇治と激突し、敗れはしたものの、皇治を大いに苦しめた。Krush王座は過去2度挑戦し敗北。“3度目の正直”で王座奪取を目指す。  1R、じりじり接近する大岩の攻撃にレオナは右のヒザをボディに突き刺す。そして顔面前蹴りも出すレオナ。大岩はガードを固めて、前進して右ストレートを見舞うが、レオナは右のショートフックをカウンターで当て、パンチで追撃する。  2R、ステップを踏むレオナに、大岩が飛び込んでの右フック、レオナは再びヒザ蹴りをボディに突き刺す。ヒザ蹴りで迎え撃つレオナに、大岩は距離を詰め左右のフックで前進、近距離でもレオナが右のフック、ヒザ蹴りを当てる。頑丈な大岩は、それでも下がらずにパンチで前に出る。  3R、大岩が前進してワンツーで行くとガードの上から、レオナは構わずに力強い右のフックを放つ。大岩の左ジャブから、右ストレートがヒットするも、それにレオナはカウンターの右フックを合わせる。終盤バックブローを放った大岩だが、それをかわしレオナが反撃すると終了のゴング。武尊の盟友・大岩のパンチを上手くかわし、カウンターなどで勝ったレオナが、判定勝利で2度目の防衛を成し遂げた。  勝利したレオナは「わざわざ遠い中、僕たち2人のために応援に来てくださってありがとうございました。すっきりとKO勝ちして言おうと思ったけど、僕がこのベルトは1番似合うと思っていますし、一番強いと思っています。やっぱりK-1チャンピオンの武尊選手、僕は、もう相手いないのでやりませんか」と武尊に宣戦布告。  ここで武尊が姿を現し「やろうぜ」と対戦を承諾。レオナは「僕がK-1チャンピオンになるので応援よろしくおねがいします」と高らかにコメントした。

【関連記事】