Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

巨人スカウトの惨敗?/週べ回顧1972年編

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
週刊ベースボールONLINE

 一昨年、創刊60周年を迎えた『週刊ベースボール』。現在、(平日だけ)1日に1冊ずつバックナンバーを紹介する連載を進行中。いつまで続くかは担当者の健康と気力、さらには読者の皆さんの反応次第。できれば末永くお付き合いいただきたい。

4位から8位までが入団拒否

 今回は『1972年1月24日号』。定価は90円。    1971年秋のドラフト会議だが、巨人が新人獲得で大苦戦をしていた。  72年1月8日時点で、1位の横山忠夫、2位の谷山高明、3位の庄司智久の獲得は成功したが、4位から8位までの選手に断られていたのだ。 「巨人という名前だけで入団してくれたのが毎年の例なのに、今年ほど厳しく拒否されたのは初めてのこと」  と内堀スカウト。このときは“凶作”ドラフトとも言われたが、内堀の言葉からは巨人ブランドのおごりと、下位の選手は“入るはず”と安易に指名したことが伝わる。    これは一つ、スカウト部長がベテランの前川八郎から武宮敏明に変わったこともあった。  以前からスカウトの肩書きはついていたが、寮長のほうに軸足があった武宮が、スカウトの世界特有のやり方にうとかったというのだ。  実際、スカウトの事前交渉は禁止ながら、会社や学校に何らかの形で「指名するので、よろしく」と伝えるのが常識だったが、武宮はそれをしなかったらしい。  ただ、この惨敗にも巨人・佐伯常務は意気軒高だ。 「うちの二軍には、もしドラフトにかかればビッグ3にもビッグ4にでも入るのがうじゃうじゃいるんだよ」  王者のおごりは破滅への一歩でもある。ローマ帝国ではないが、巨人王国にきしみが感じられる。  なお、この4位から8位のうち、3人はのち翻意し、入団している。  うち1人が大丸の小林繁だ。  では、またあした。 <次回に続く> 写真=BBM

週刊ベースボール

【関連記事】