Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「国家安全維持法」で激変する香港の日常…“民主の女神”周庭さんの決意、日本は何ができるか

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
BUSINESS INSIDER JAPAN

香港で治安を乱す反政府的な活動や団体を取り締まる「香港国家安全維持法」(国安法)が、6月30日に全会一致で可決、7月1日に施行された。香港では、政府や国安法により実質デモが禁じられていたが、この日、大規模な抗議デモが発生した。 【全画像をみる】「国家安全維持法」で激変する香港の日常…“民主の女神”周庭さんの決意、日本は何ができるか 日本では、東京の衆議院議員会館で日本在住の香港人による会見が開かれた。

“民主の女神”周庭氏らの活動団体が「解散表明」

国安法の成立を受け、香港の民主化団体や独立派団体が次々と解散を表明した。 2014年の雨傘運動の中心メンバーである周庭(アグネス・チョウ)氏や黄之鋒(ジョシュア・ウォン)氏が所属する「香港衆志(香港デモシスト)」も6月30日に解散を表明。 香港の問題について日本語で発し続けていた周庭氏は、Twitter上で「私、周庭は、本日をもって、政治団体デモシストから脱退致します。これは重く、しかし、もう避けることができない決定です。絶望の中にあっても、いつもお互いのことを想い、私たちはもっと強く生きなければなりません。生きてさえいれば、希望があります」と言葉を残した。 I hereby declare withdrawing from Demosisto...If my voice will not be heard soon, I hope that the international community will continue to speak up for Hong Kong and step up concrete efforts to defend our last bit of freedom. pic.twitter.com/BIGD5tgriF — Joshua Wong 黃之鋒 ? (@joshuawongcf) June 30, 2020 黄之鋒氏は「香港で民主化運動をすると、命に関わる」とした。 7月1日は、香港の中国への返還記念日にあたる。香港では朝から記念式典が行われ、林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官らが出席した。 新型コロナウイルスへの感染防止を理由に、香港政府は現在51人以上の集会を禁じているが、それに加えて国安法が施行されたにも関わらず、この日は大規模な抗議デモが発生した。 「香港独立」の旗を掲げたとして、国安法を初めて適用した逮捕者が出た。その後も国安法を理由に計9人が逮捕された。 なお、国安法施行後初の逮捕者のニュースは、中国でも大々的に報道されたのか、インターネットでの注目ニュースやキーワードランキングで1位になっていた。普段、中国では香港デモに関してそこまで大きく報道されることは少ない。今回、逮捕者が出たというニュースは一種の見せしめとなっている。 香港の民主派のある区議会議員は、声をひそめて、国安法施行初日を振り返った。 「初日に9人が国安法で逮捕され、独立をうたった旗を持った方が逮捕された他に、『光復香港 時代革命』(香港を取り戻せ、今こそ革命だ)といった単なるスローガンの旗を持っているだけでも逮捕されました。 一番恐ろしいのは、全く香港の独立とは無関係でも逮捕されたこと。警察による街頭検査で、カバンに中華民国(台湾)の国旗が入っていて拘束された人がいました。掲げたわけではありません。 また、香港各地で警察による街頭検査があり、スマホのロックを解除させられて中身をチェックされた人もいました。今まではそこまですることはありませんでした」 Singing Glory to Hong Kong and chanting slogan of “Liberate Hong Kong” defiant and persevering crowd are back on Hennessy Road. pic.twitter.com/qRb5zLE6a8 — Xinqi Su 蘇昕琪 (@XinqiSu) July 1, 2020

【関連記事】