Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

阪神・梅野 紅白戦で追加点奪うタイムリー

配信

デイリースポーツ

 「阪神紅白戦、白組-紅組」(31日、甲子園球場)  紅組で出場している梅野隆太郎捕手が五回、リードを広げる適時二塁打を放った。  1点リードで迎えたこの回、昇格したばかりの斎藤がマウンドに上がった。先頭の北條が中前打で出塁すると、続く梅野は1ボールから2球目を狙った。  フルスイングした打球は左中間に一直線。真っ二つに破ると、一走の北條は一気にホームまで生還。リードを広げる貴重な1点になった。  29日には遅刻による藤浪の2軍降格と、高橋の開幕絶望が判明した。そんな状況下でも「特に大変だと思っていない。いまいる先発候補の投手は、みんな状態もいいです。受けていて不安というものは感じていません」と自信を口にした正捕手。  正捕手として期待される守備面に加え、バットでもチームに貢献すべくアピールした。

【関連記事】