Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「等しく学ぶ権利の保障を」学生への緊急給付金について、指摘された“3つのこと“

配信

BuzzFeed Japan

文部科学省は5月19日、新型コロナウイルスの影響で困窮する学生に対し、最大で20万円を支給する「学生支援緊急給付金」を創設した。 しかし、留学生に対して成績基準が設けられていることや、実際に受給できるのが対象学生約370万人のうち1割強のみであることなどが、批判を呼んでいる。 外国人支援や貧困、差別問題などに取り組む5団体が5月25日、共同で声明を発表した。【 BuzzFeed Japan / 冨田すみれ子 】 声明では、特定の奨学金受給者であることや、留学生には成績基準などが要件で求められている点などを指摘、「等しく学ぶ権利の保障を」と呼びかけている。 声明が、改定を求める「3つの点」について考える。 共同声明を発表したのは、「移住者と連帯する全国ネットワーク(移住連)」、「外国人人権法連絡会」、「人種差別撤廃NGOネットワーク(ERDネット)」、「のりこえねっと」、「反差別国際運動(IMADR)」の5団体。 今回の新型コロナウイルスの影響で困窮する外国人を支援する、緊急支援基金を設置した団体もある。

1:「奨学金と受給との結びつけ」すべきでない

外出自粛で経済活動が停滞し、日本人・外国人関係なく収入減で苦しむ学生が多い中で、まず声明が指摘したのは、この緊急給付金の受給予定人数の「少なさ」だ。 文科省によると、今回の緊急給付金の総額は約530億円。給付金の対象とされている全国の大学と専門学校などの学生総数は約370万人。1人当たりの受給額などから、文科省は受給できるのは43万人程度とみている。これは全体の1割強だ。 生活費などを稼ぐためのバイトのシフトも減少する学生も多い状況で、「非常に少ない」と声明は指摘している。 非留学生用の要件では、自宅外で生活し、家庭から多額の仕送りを受けておらず、生活費・学費に占めるアルバイト収入の割合が多いこと、またコロナの影響で家庭やバイトの収入が減少したことの他、奨学金に関する要件がある。 現在、第一種(無利子)奨学金等を貸与されているか、貸与を受ける予定の学生に限るなどといった要件だ。声明は「新型コロナによる困窮にたいする支援である『給付金』を、従来からの奨学金の受給と結びつけるのは不合理」と指摘し、奨学金に関する要件を削除すべきとした。

【関連記事】