Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

重鎮ジェリー・ウエストがクレイ・トンプソンを語る「私は彼の大ファン。ステフにとって完璧な選手だ」

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
THE DIGEST

 2018年2月のこと。ゴールデンステイト・ウォリアーズのフランチャイズプレーヤー、ステフィン・カリーは『The Athletic』のインタビューに対し「僕たちはリーグのなかでも極めて優秀な、究極のスタンダードだ。長い間一緒にプレーしてきたし、高いレベルを維持しているんだから」と口にしていた。 【動画】2015~18年ファイナル 4年間で3度の優勝を果たしたウォリアーズの軌跡  カリーの言う“僕たち”とはもちろん、クレイ・トンプソンとドレイモンド・グリーンのことだ。カリー(2009年ドラフト1巡目7位)、トンプソン(2011年ドラフト1巡目11位)、グリーン(2012年ドラフト2巡目35位)、彼らはいずれもウォリアーズからドラフト指名を受け、生え抜き選手としてこれまでずっとウォリアーズ一筋でプレーしてきた。 「俺たちは皆、ともに成長してきた。俺がリーグに入った頃、ステフは今のステフじゃなかったし、クレイだってそう。俺なんて明確なポジションさえなかったくらいだ。俺がルーキーだった年(2013年)、チームはセカンドラウンド(カンファレンス・セミファイナル)へ進み、翌シーズンは1回戦敗退だった。で、俺たちはそこから一緒に成長してきたんだ。知ってのとおり、ウォリアーズからドラフト指名され、互いにステップアップしてここまできた。素晴らしいこと。俺はその一部になれて嬉しいね」    グリーンがそう話したように、ウォリアーズが誇る“ビッグ3”は、現在のリーグで最も長くともにプレーしてきたトリオと言える。なかでもカリーとトンプソンは、NBA史上最も優れたシュート力を誇るバックコートデュオと言っていいだろう。  柔らかいシュートタッチから放たれるショットは高確率でリングに吸い込まれ、まるでネットが水しぶきをあげることから“スプラッシュ・ブラザーズ”というニックネームもついた2人。現代NBAを3ポイント全盛へと持ち込んだ、最大の功労者なのかもしれない。  今季はトンプソンが左ヒザ前十字靭帯断裂で全休、カリーは左手の骨折により長期離脱、グリーンも度重なる故障で計22試合に欠場。チームもリーグワーストの15勝50敗(勝率23.1%)に沈んだものの、来季は3人とも健康体でプレーできることが期待されており、早くもウォリアーズを優勝候補へと推す声もある。  

【関連記事】