Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

須賀健太・染谷俊之らが出演、朗読劇『僕とあいつの関ヶ原』『俺とおまえの夏の陣』無観客ライブ配信が決定

配信

デビュー

 朗読劇『僕とあいつの関ヶ原』と『俺とおまえの夏の陣』が、6月27日(土)に無観客ライブ配信されることが明らかとなった。 【写真】アコーディオン奏者・桑山哲也  2014・15・16年に続き4度目となる朗読劇『僕とあいつの関ヶ原』、そしhて2015・16年に続き3度目となる朗読劇『俺とおまえの夏の陣』。今回の出演者は、2016年版にも出演した出演者に加え、音楽は日本を代表するアコーディオン奏者 桑山哲也を迎えて、生の朗読に、生演奏をするというこれまでとは違う新たな形で上演。上演後には演出家とキャストによるアフタートークも実施される。  天下分け目の関ヶ原の戦いの武将たちの戦略と、その裏にある、画策・苦悩・葛藤の人間臭さを描いた『僕とあいつの関ヶ原』には、荒田至法(島左近/染音)、 尾関陸(松平忠吉) 、黒羽麻璃央(井伊直政/大谷吉継)、染谷俊之(石田三成/徳川家康)、松田凌(小早川秀秋)が出演。  そして、戦国時代の風雲児 独眼竜伊達政宗と、その家臣片倉小十郎(初代・景綱、二代目・重長)の3人を軸に、政宗が駆け抜けた戦国末期の様子を描く『俺とおまえの夏の陣』には、須賀健太(伊達政宗)、染谷俊之(片倉景綱)、黒羽麻璃央(片倉重長)、猪塚健太(豊臣秀吉、徳川家康、他)が出演する。  また、今回のタイトルロゴは、新型コロナウイルス対応の最前線で奮闘している医療従事者への感謝と尊敬の意を込めて青色にしたという。今回の公演の売上げの一部は日本赤十字社に寄付される。  原作・脚本の吉田恵里香は、「2014年~2016年にかけて上演された朗読劇『僕とあいつの関ヶ原』『俺とおまえの夏の陣』がリモート版として再演されます。戦国武将たちの友情、忠義、葛藤、裏切りを描いた本作。絆の大切さを、ひしひしと感じる今だからこそ是非観ていただきたいです。大好きな作品なので純粋に再演が嬉しく、気持ちが明るくなりました。皆様の気持ちをほんの少しでも明るく熱く、できますように」とコメント。  演出を手掛ける中屋敷法仁は、「朗読劇『僕とあいつの関ヶ原』『俺とおまえの夏の陣』が生配信により蘇ります。リモートによる稽古を行ないましたが、出演者たちの圧倒的な熱量を感じ、興奮が止まりませんでした。新たな時代に届けたい、魂を熱くする壮大な人間ドラマ。是非お楽しみください」と呼びかけた。 【作品概要】 ■「僕とあいつの関ヶ原」 6月27日(土)開場13:45/開演14:00 終演後アフタートーク 出演: 荒田至法、尾関陸、黒羽麻璃央、染谷俊之、松田凌(※50音順) ■「俺とおまえの夏の陣」 6月27日(土)開場18:45/開演19:00 終演後アフタートーク 出演:須賀健太、染谷俊之、黒羽麻璃央、猪塚健太 ※両演目とも、上演予定時間上演時間約2時間(アフタートーク込み) ※上演時間は変動する可能性有 ◇チケット 6月12日(金)17:00 チケット発売 1演目配信:3,500円/2演目配信:6,500円 配信+アーカイブ:5,000円/アーカイブ:3,500円 ◇公演グッズ 公式オンラインショップで6月11日10時~販売開始 https://horipro-shop.com/products/list?performance_id=11 公式サイト:https://horipro-stage.jp/stage/bokugahara2020/

【関連記事】