Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

NHK番組の黒人の描き方に疑問「敵を作らせるやり方だ」と在米ジャーナリスト指摘【UPDATE】

配信

ハフポスト日本版

NHKの国際ニュース番組「これでわかった!世界のいま」が、アメリカでの「黒人の怒りが噴き出していること」について「背景には黒人と白人の貧富の格差がある」などとし、批判を浴びている。 動画での黒人の描かれ方にも疑問の声が上がっていて、ニューヨーク在住のジャーナリスト・津山恵子さんは「なぜ普通の人物としての扱いができないのか」と話している。

フロイドさんの死には触れず

批判を浴びているのは、NHKが毎週日曜日に放送している番組「これでわかった!世界のいま」の公式Twitterが6月7日に投稿した内容。番組のキャラクターが「白人と黒人の格差について説明する」というもので、「#抗議デモ」というハッシュタグがつけられている。 白いタンクトップを身につけた筋肉質の黒人男性が、およそ1分20秒にわたって「俺たち黒人と白人の貧富の格差があるんだ」などと話している。 さらに動画では、白人の平均資産が黒人の7倍にのぼることや、新型コロナウイルスの影響で多くの黒人が失業したり、労働時間が削られたりしたことを挙げ「こんな怒りがあちこちで噴き出したんだ」と締めくくっている。 アメリカでは現在、黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警察官に膝で首を抑え付けられ、その後死亡したことを発端に、黒人が不当に命を奪われる現状や人種差別に対する抗議デモ「Black Lives Matter」(黒人の命は大切だ、黒人の命を守れ)が大規模に発生している。 一方、この動画には、ハッシュタグで「抗議デモ」とつけられているにも関わらず、人種差別で発生する命の格差には一切触れず、経済的な側面のみを取り上げたものになっている。動画が投稿されると「お金の問題なのか」「これが人種差別的だ」などといった批判が数多く寄せられた。 また、この動画以外にも「白人警察官には黒人に対する漠然とした恐怖心があって、今回の抗議デモの発端となったような事件がなくならないとも言われている」とするツイートもあり、こちらにも反対の声が上がっている。

【関連記事】