Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ヤリスクロスを「超激戦区」の小型SUVに投入! 「ライバル比較」で勝ち目はアリ?

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
WEB CARTOP

ライバルはヴェゼルとCX-3か

 トヨタの新コンパクトカー、ヴィッツの事実上の後継車となるヤリス、そしてそのクロスオーバーモデルとなるヤリスクロスが絶好調だ。 【写真】「販売不振」にあえぐ現行国産SUV3台!  ここでは、ヤリスと基本部分を共用しながら、まったく別物のクルマ、キャラクターに仕立てたヤリスクロスの魅力を紹介したい。  ヤリスクロスは今、世界的にも、日本国内で大いに盛り上がっているコンパクトクロスオーバーの新型車。2550mmのホイールベース、3気筒の1.3リッターガソリンエンジンや1.5リッターエンジン+2モーターのHVなど、多くの部分をヤリスから受け継いでいるが、その存在感は別格。ボディサイズは全長4180×全幅1765×全高1590mmと、こちらは堂々たる3ナンバーサイズ(ヤリスの日本仕様は全長3940×全幅1695×全高1500mm)。最低地上高は全車、170mmとなる。  最高燃費性能はJC08モードであればHVのFFで31.3km/L!! となる(WLTCモードなら30.8km/L!!)  ここで注目すべきは全長で、ヤリスより240mm伸びている。これは主にリヤオーバーハングにあてられ、自慢の荷室(後述)のゆとりに使われているのだ。クロスオーバーモデルと言えば、アウトドア、キャンプなどに使われる機会も多く、RAV4のコンセプト同様に、荷室の使い勝手の良さは譲れない。  一方、国産ライバルと目されるのが、まずは2019年国産SUV販売台数No.1のホンダ・ヴェゼル。ボディサイズは全長4330×全幅1770×全高1605mm、ホイールベースは2610mmと長い。最低地上高はFFで185mmと余裕あり。ただし、現行モデルはガソリン車のみで、標準の4気筒1.5リッター、およびツーリングの1.5リッターターボ、そして1.5リッターのHVの布陣となる。最高燃費性能はHVのFFでJC08モード27.0km/Lだ。  もう1台、国産車で挙げるとすれば、マツダCX-3だろう。デミオ=現在のマツダ2をベースにしていることでも、ヴィッツ=現在のヤリスベースという点で共通する。ボディサイズは全長4275×全幅1765×全高1550mm、ホイールベース2570mmと、ヴェゼルより近いが、全高1550mmによって、立体駐車場への入庫容易性がポイントとなる。パワーユニットは1.5リッタークリーンディーゼル、スカイアクティブDをメインに、1.5Lガソリンを追加。いずれも4気筒だ。最高燃費性能はより実燃費に近いWLTCモードでスカイアクティブD、FFの23.2km/Lとなる。最低地上高は乗用車に毛のはえた160mmである。

【関連記事】