Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

【国内初】ロート製薬が新型コロナ治療薬の治験を8月メドに開始予定。再生医療で重症肺炎の治療目指す

配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

ロート製薬は6月23日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の重症者を対象に、早ければ8月から「他家間葉系幹細胞」を用いた再生医療の企業治験を開始する予定だと発表した。 【全画像をみる】【国内初】ロート製薬が新型コロナ治療薬の治験を8月メドに開始予定。再生医療で重症肺炎の治療目指す この治験では、同社が肝硬変の患者に対する治療薬として開発を進めている細胞製剤「ADR- 001」の適応を拡大することで、COVID-19の重症肺炎患者の治療薬として活用することを目指しているという。

再生医療として期待の「間葉系幹細胞」とは?

間葉系細胞(MSC)とは、さまざまな細胞に変化(分化)できるiPS細胞やES細胞などと同じ「幹細胞」の一種。iPS細胞などほどに分化能力は高くはないが、長年研究が続けられてきた細胞だ。 「他家間葉系幹細胞」の「他家」とは、「他の人」という意味。 つまり、今回使用する治療薬は、他の人の体由来のMSCを培養して薬にしたものだ。 実は現在、COVID-19用の治療にMSCを用いた治療薬が有効ではないかとして、世界各国で研究が進められている。 ロート製薬会長の山田邦雄氏は、今回の治験の経緯について、 「ロート製薬は、(脂肪由来)間葉系幹細胞の研究を重ねてきました。現在、肝硬変の治療薬として治験が行われているところです(安全性質に関する治験は終了)。幸い、確立された(間葉系)幹細胞が準備できておりますし、(COVID-19に対して)役に立てないかということで今回の治験を企画するに至りました」 と話した。

8月~12月に治験予定。承認メドは「結果次第」

今回の治験対象となるのは、COVID-19によって肺炎が重症化した患者。 治験では6人の患者に対して、1カ月(4週間)にわたり、同社が開発した治療薬を1週間に1度の頻度で静脈に点滴で投与する予定だ。 その後、2カ月程度の経過観察期間を経て、まずは安全性について評価することを目指すとしている。 ただし、治験対象者がCOVID-19の重症者であることから、ロート製薬臨床研究グループマネージャーの高尾幸成氏は、 「あくまでも安全性をメインにした試験をさせていただきたいと思っています。ただし、患者様に投与するということから、初期の薬効評価という形で、どのような有効性を示すのかを探索的に調べさせていただく治験です」 と話す。 治験の具体的な日程はまだ明らかになってはいないが、6月中には申請を済ませ、2020年8月~12月にかけて実施したいとしている。 なお、実際に治療薬として承認される時期については、「臨床試験の結果次第」という表現に留められた。 早期承認制度などの枠組みを利用して治療薬としての認証を得ようとする試みについても、記者会見では明らかにされなかった。

【関連記事】