Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

「風邪薬」の広告の変化から見る社会のあるべき姿。斬新なコピーが反響、“やさしい広告”が生まれたワケ

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ハフポスト日本版

「つらくても頑張ること」が“正義”だった医薬品広告

「かぜの時は、お家で休もう!」のコピーは、どうして生まれた?

ハフポスト日本版編集部

【関連記事】