Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

2020の主役は誰だ。高校サッカーの注目選手特集 DF岩本剛気(立正大淞南)

配信

高校サッカードットコム

 毎年、3年生が主体となるチームで、1年生ながらAチームに食い込んでいたことから能力の高さが伝わる。南健司監督が飛躍を期待するCBだ。昨年は先輩への遠慮もあり、持てる能力を発揮できなかったが、2年目を迎えた今年は違う。新チーム発足後の新人戦からスタメンを張り続けたことで意識が変化。「今まではやらせている感があったけど、今は自分がやらなければいけないという気持ちに変わった。まだ最高学年ではないけど、自分が後ろから仕切れる選手になりたい」と覚悟を持って、練習に励んでいる。 2020の主役は誰だ。高校サッカーの注目選手特集  最大の魅力は、184cmの高さ。地元・大阪の有名校や日本一の経験を持つ強豪からも声がかかったが、中学時代の先輩に薦められ、立正大淞南への入学を決意した。元々、最終ラインから繰り出すロングフィードには自信があったが、「皆のレベルが高いから、淞南に来てから足元が上手くなった」とビルドアップも改善が進む。これまで避けていた筋トレにも励んだ結果、当たり負けする機会が減ったのも大きな進歩だ。競り合いに関してはまだまだ高さを活かしきれているとは言い難いが秘めたポテンシャルは高い。2年生ながらも、すでに幾つかの大学関係者が注視するほどだ。 五輪代表にも選ばれた柳楽智和(元アビスパ福岡)、松田陸(セレッソ大阪)を筆頭にこれまで淞南で輝きを放ったDFは、プロに進んでいる。岩本も同じ軌跡を描けるかは、この一年での活躍が大きなカギになるだろう。

【関連記事】