Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

《みんなの疑問 特別取材班》改正道交法30日施行 「あおり運転」定義・厳罰化 自らの運転 再確認を

配信

上毛新聞

 社会問題となっている「あおり運転」を取り締まるため創設された妨害運転罪などを含む改正道交法が30日、施行される。事故を誘発するような危険な行為の摘発につながると歓迎の声が強い一方、どんな行為が取り締まり対象になるかという疑問もある。専門家は焦って運転するような状況では「誰もが加害者になりかねない」と警鐘を鳴らしている。

 「事故を起こすかもしれない、暴力を振るわれるかもと思って、本当に怖かった」。群馬県みどり市の40代男性は昨夏、県外に出張する高速道で被害に遭った。追い越し車線に進路変更したところ、後ろから高級車に猛スピードで迫られ、パッシングやクラクションを繰り返された。車列の切れ目を見つけて走行車線に戻ったが、高級車は前に割り込んできた。蛇行したり、時速約40キロまで減速したりと嫌がらせは10分以上にわたった。男性は「常軌を逸したあおり運転の厳罰化は大賛成」と改正法を歓迎する。

■違反行為10項目

 あおり運転はこれまで法律上明確な定義はなく、警察は主に道交法の「車間距離不保持」で摘発。状況に応じて、刑法の「暴行罪」や自動車運転処罰法の「危険運転致死傷罪」を適用してきた。今回の改正道交法では「通行を妨害する目的で、交通の危険を生じさせる恐れのある違反行為」と定義した。他の車両の通行を妨げる目的で車間距離を詰める行為や不必要なクラクション、幅寄せ、急ブレーキなど10項目の違反を明示した。罰則は「3年以下の懲役または50万円以下の罰金」。

 高速道で相手の車両を停車させるなど「著しい交通の危険」を生じさせると、「5年以下の懲役または100万円以下の罰金」とさらに重い罰則を科す。

 いずれも違反1回で即時に免許取り消しになる。再取得が可能になるまでの欠格期間は、酒気帯びや酒酔い運転と同様に2、3年。妨害運転するようドライバーをそそのかせば、同乗者らも免許取り消し処分となる。

■積極取り締まり

 妨害運転罪の創設について、群馬県警は「重い罪だと知ってもらい、あおり運転の抑止につなげる意味合いがある」と説明する。施行後は、あおり運転の対象10項目をはじめとした違反行為を積極的に取り締まる方針だ。パトロールを強化し警察官による目視で取り締まるほか、車載のドライブレコーダーや街頭の防犯カメラの映像といった証拠も活用していく。

【関連記事】