Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

ツアー初優勝からどう変わった? アダム・スコットのバッグの中身

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

「ザ・ノーザントラスト」の試合会場であるTPCボストンは、アダム・スコットが初めてPGAツアーで優勝を遂げた地だった。フェデックスカッププレーオフ初戦前、我々はスコットの現在のバッグの中身と、2003年当時のそれを比べてみたのだが、17年前の勝利の時から、バッグの中身はそれほど変わっていないのである。 【画像】アダム・スコットにサインをねだる上田桃子

PGAツアー14勝。ロッコ・メディエートに4打差をつけて初勝利を挙げたときはまだ23歳だった。2004年「プレーヤーズ選手権」、そして2013年「マスターズ」王者でもある彼は、これまで一貫してタイトリストの用具を愛用している。セットアップに現代のテクノロジーを使用したアップグレードを施しているものの、バッグの基本的なセットアップは2003年からほとんど変わっていない。 まずはアイアン、タイトリスト680から始めよう。これは2003年に発売されたものだが、不思議なことにこれがスコットのバッグに定着したのは2014年以降のことだ。このアイアンは他のタイトリストのクラブと比較すると、よりオフセットがあり、トゥが高く、ブレードが長い仕様になっている。2003年にも短期間、使用したことはあったが、2003年から2013年まで多くのタイトリストのモデルを使用し、最終的にこのセットに落ち着いた。 ピッチングウェッジ以下のウェッジのセットアップも、ツアー初優勝の時からあまり変わっていない。スコットは多くの選手と同様に、以前使用していた54度と60度のセッティングではなく、今は52度、56度、そして60度という構成にしている。 スコットはキャリアの大半をメタルウッド2本でプレーしており、ハイブリッドあるいは5番ウッドではなくドライビングアイアンを好んで使用している。 最後に、最も顕著な変化がったパターについて触れておこう。2003年当時、彼はスコッティキャメロン ニューポート2ユーザーだった。現在、スコットはブルームスティック・スタイルの慣性モーメントの高いマレット型のパターを使用している。この変更が奏功し、アデレード出身の彼はついに2013年にオーガスタナショナルで栄冠を手にした。 スコットがツアー初優勝を果たした2003年に使用していたギアと、現在使用しているギアは次の通りである。

【関連記事】