Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

朝乃山、遠藤寄り切り2連勝 7月場所2日目

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
北日本新聞

 大相撲7月場所2日目は20日、東京・両国国技館で行い、西大関の朝乃山(26)=富山市呉羽町出身、高砂部屋=は、東前頭筆頭の遠藤(追手風部屋)を寄り切った。難敵を圧倒し、大関として堂々の連勝スタートとなった。  朝乃山は立ち合いで鋭く踏み込み、得意の左上手をつかむと、右腕を固めながら寄り切った。これまでの対戦成績が3勝6敗と遠藤を苦手にしていたが、全く寄せ付けなかった。取組後は、「相手をしっかりと見て動くことができた。大関は負けられない地位。まず気持ちで負けないよう戦っている」と力強く語った。  3日目の21日は、西前頭筆頭の豊山(時津風部屋)と対戦する。これまでの対戦成績は2勝2敗。

【関連記事】