Yahoo!ニュース

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

6つの肩書を持つ男「全ては卓球普及のために」(西東輝・北陸大学卓球部コーチインタビュー)

配信

  • この記事についてツイート
  • この記事についてシェア
Rallys

20年後、30年後の卓球界を支えるのは誰か? 間違い無くその1人となるであろう男と、金沢の地で出会った。 【写真】卓球界を支える従兄弟同士の2人 西東輝(さいとうあきら)28歳。 方角の“西”と“東”でサイトウと読む珍しい名字のこの男は、2009年春の全国高校選抜で当時最強の青森山田高から2勝を挙げ、全国の卓球関係者から注目を集めた。また北陸大学在学中には、卓球では全国3位(ダブルス)、勉学も優秀(国語と英語の教員免許取得)で、大学から体育会学生初となる学長賞を授与された“北陸大伝説のOB”でもある。 そんな西東はプレーヤーを引退した現在、石川県金沢市を拠点に卓球の普及活動に邁進する。西東が顔を見て向き合う卓球プレーヤーはトップ選手から愛好家まで年間2000人を超える。 北陸大学特集第3話(最終回)となる今回は、「6つの肩書」と「大きな野望」を胸に卓球の裾野を支える西東のセカンドキャリアに迫った。

指導者からスタートしたセカンドキャリア

北海道北見市出身の西東は、中学時代から親元を離れて卓球中心の生活をしてきた。中学は実践学園(東京)、高校は遊学館(石川)と名門校を渡り歩いたいわゆる卓球エリートだ。大学では北陸大卓球部草創期の中心選手として木村信太監督に招聘され、北信越では学生リーグやミニ国体を合わせ団体戦52連勝という大記録を残している。上田仁(現・岡山リベッツ)、平野友樹(現・協和キリン/琉球アスティーダ)ら現在Tリーグや実業団で活躍する同世代のトッププレイヤーたちに全国大会の大舞台で勝利した実績もある。 そんな西東の大学卒業後のキャリアは、地元北海道へのUターン就職から始まる。函館大学付属有斗高校卓球部の寮長兼コーチを務め、在任2年間で同校を10年ぶりとなるインターハイ出場に導いた。 当時のことを西東はこう振り返る。「練習場では鬼コーチでしたね。夜のランニングも一緒に走ってました。かなり厳しく指導してたと思います。でも寮に帰れば生活もプライベートもサポートする。そんなオンとオフを切り替えたスタイルでやっていましたね。今の子たちは偉そうに厳しく言うだけでは誰もついてこない。自分で叱っておきながら、自分でフォローするのが僕のやり方です」。

【関連記事】

最終更新:
Rallys